パキシルジェネリック【パロキセチン】

評価:★★★★★クチコミ1件を見る
パキシルジェネリック【パロキセチン】通販
◆パキシルジェネリック【パロキセチン】
パキシルジェネリックは、SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)と呼ばれるタイプの抗うつ剤です。パキシルジェネリックの有効成分パロキセチンが、脳内物質セロトニンの再取り込みを阻害する事で、脳内のセロトニン濃度を高める事で、落ちこんだ気分を改善し意欲を高める事で、うつ状態を改善させるお薬です。
パキシルジェネリックを服用する事で、うつ病、パニック障害、脅迫障害、社会不安障害、外傷後ストレス障害(PTSD)など様々な症状へ効果を発揮する抗うつ剤です。
◆ブランド:Zydus Pharmaceuticals
◆パキシルジェネリック【パロキセチン】有効成分
パロキセチン20mg
効果・詳細情報服用方法副作用併用禁忌薬
内容量 定価
【1錠あたり】
販売価格
【1錠あたり】
ポイント 購入
20mg × 30錠 ¥3,000
¥100-
¥2,700
【¥90-】
81pt
20mg × 60錠 ¥6,000
¥100-
¥4,860
【¥81-】
145pt
内容量 定価
【1錠あたり】
販売価格
【1錠あたり】
ポイント 購入
40mg × 30錠 ¥5,000
¥166-
¥4,500
【¥150-】
135pt
▼ご注文・お問い合わせはこちら▼

海外薬店通販電話注文

パキシルジェネリック【パロキセチン】の効果・詳細

-パキシルジェネリックとは?-
パキシルは第三世代の抗うつ剤と呼ばれているSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)に分類されるお薬で、2000年に日本で認可されています。
従来の抗うつ剤に比べ、効果を維持したまま副作用を抑えた事で、多くの患者に使用されている抗うつ剤です。
パキシルジェネリックの特徴は、セロトニン系の脳内物質のみに働きかけます。一度脳内で放出されたセロトニンが再度取り込まれるのを阻害する事で、脳内のセロトニンを増加させる働きがあります。うつ状態は、脳内のセロトニンが不足する事で起こります。
その為、パキシルジェネリックの有効成分パロキセチンの働きによって、セロトニンが増加し、不安を取り除き、落ち込んだ気分を向上させ、気持ちをリラックスさせる効果があります。
また、近年パニック障害が次第に認知されてきていますが、パニック障害の治療に効果があるお薬として、日本で初めて認められたお薬でもある為、多くの患者さんに広まっています。
但し、パキシルジェネリックは効果も強いがその分副作用も強い薬と言われています。
強い作用で、不安を抑えうつ状態を改善しますが、使用の際には用法用量を正しく守って服用しましょう。

-パキシルジェネリックの効果とは?-
抗うつ剤のパキシルジェネリックは、服用後約5時間程度で血中濃度が最高値へ達し、その後緩やかに低下し約14時間程度で血中濃度半減期を迎えます。
基本的に、抗うつ剤は常時効果が持続していなければならないお薬なので、比較的体から薬剤が抜けやすいお薬です。
脳内のセロトニンを安定させる為に毎日服用を続ける事で、徐々に体内へ薬の成分が蓄積されていき、服用後約4日~5日程度経過すると、パキシルジェネリックの有効成分であるパロキセチンの濃度が安定し始めます。
その為、パキシルジェネリックの効果は服用を続けて約2週間程度で現れると言われております。

-パキシルジェネリックの適応症状-
・うつ病
・パニック障害
・脅迫障害
・社会不安障害
・外傷後ストレス障害(PTSD)など

東日本大震災をうけて、PTSDでの適応も認められました。その為、パキシルジェネリックは不安に強い効果を発揮する抗うつ剤です。
症状によっても容量は違いますが、上限容量は下記になります。
・強迫性障害は50mgまで
・うつ病は40mgまで
・社会不安障害は40mgまで
・外傷後ストレス障害(PTSD)は40mgまで
・パニック障害は30mgまで

パニック障害やうつ病で40mgまで使用しても効果が足りない場合は、医師の判断によって50mgまで容量を増加する場合もあります。

パキシルジェネリック【パロキセチン】の服用方法

■パキシルジェネリック(パロキセチン)の使用方法
・うつ病、うつ状態
1日1回夕食後、20~40mg(1~2錠)を服用。
1回10~20mg(0.5~1錠)から開始し、増量する場合、週ごとに10mg(0.5錠)/日ずつ増量する。1日40mg(2錠)を超えない範囲で適量へ増減する。
・パニック障害
1日1回夕食後、30mg(1.5錠)を服用。
1回10mg(0.5錠)から開始し、増量する場合、週ごとに10mg(0.5錠)/日ずつ増量する。1日30mg(1.5錠)を超えない範囲で適量へ増減する。
・強迫性障害
1日1回夕食後、40mg(2錠)を服用。
1回20mg(1錠)から開始し、増量する場合、週ごとに10mg(0.5錠)/日ずつ増量する。1日50mg(2.5錠)を超えない範囲で適量へ増減する。
・社会不安障害
1日1回夕食後、20mg(1錠)を服用。
1回10mg(0.5錠)から開始し、増量する場合、週ごとに10mg(0.5錠)/日ずつ増量する。1日40mg(2錠)を超えない範囲で適量へ増減する。
・外傷後ストレス障害
1日1回夕食後、20mg(1錠)を服用。
1回10~20mg(0.5~1錠)から開始し、増量する場合、週ごとに10mg(0.5錠)/日ずつ増量する。1日40mg(2錠)を超えない範囲で適量へ増減する。

※使用方法及び服用方法による一切の責任を負いかねます。
パキシルご使用の際は、必ずかかりつけの医師や薬剤師にご相談して下さい。
適量・療法にはご注意してご使用ください。

パキシルジェネリック【パロキセチン】の副作用

■パキシルジェネリック(パロキセチン)の副作用
・吐き気
・嘔吐
・食欲不振
・下痢
・性機能障害(女性・乳汁が出る、生理不順など)
・性機能障害(男性・性欲減退、勃起不全など)
・セロトニン症候群
・悪性症候群
・錯乱
・幻覚
・せん妄
・痙攣
・中毒性表皮壊死融解症
・皮膚粘膜眼症候群
・多形紅斑
・抗利尿ホルモン不適合分泌症候群(SIADH)
・重篤な肝機能障害
・横紋筋融解症
・汎血球減少
・無顆粒球症
・白血球減少
・血小板減少
・アナフィラキシー

※異常が現れた場合、直ちに医師の診察を受け指示に従って下さい。

パキシルジェネリック【パロキセチン】の併用禁忌薬

■パキシルジェネリック(パロキセチン)の併用禁忌や注意事項
・アルコールとの併用禁止
・セイヨウオトギリソウを含む食品の摂取禁止。
・L-トリプトファンを含む食品の摂取禁止。
・服用を突然やめると、不安や不眠などの症状が現れる場合があります。
・服用中は車の運転など、危険な作業はお控え下さい。

※異常が現れた場合、直ちに医師の診察を受け指示に従って下さい。

パキシルジェネリック【パロキセチン】のクチコミ【クチコミを投稿する】


  • パキシルジェネリック【パロキセチン】の口コミ点数
    評価:★★★★★

    値段も安価で病院に行かなくても手に入るので買わせてもらっています。2度目です。
    病院で貰っていたものと変わらないので安心して飲んでます。
    副作用が出るらしいですが私は出ませんでした(私個人の話ですみません)

パキシルジェネリック【パロキセチン】のクチコミを投稿する


商品名 評価
クチコミ投稿内容

海外薬店 通販会員ログイン



パスワードを忘れた方は:
こちらからお問合せ下さい

海外薬店 医薬品個人輸入



海外薬店 通販電話注文



お電話にて注文も承ります
日本語電話対応
海外薬店 通販電話注文
ご注文以外のお問い合わせに関しましては、下記よりお問い合わせ下さい。
商品の効果・副作用につきましては、薬事法の関係でお答え出来ません。予めご了承下さい。

その他お問い合わせはこちら

海外薬店 通販FAX注文



FAXにて注文も承ります
海外薬店 通販FAX注文
上記よりFAX注文用紙を印刷してください。FAX注文方法も記載しております。

海外薬店 通販メール注文


メール注文も24時間可能です。
下記のボタンを押してメールを起動し、購入したい商品を送信して下さい。
海外薬店 通販メール注文
届いたメールを確認次第、当サイトスタッフよりメールを返信させて頂きます。

海外薬店 通販配送状況確認


ご案内した追跡番号で配送状況を検索できます。


※発行から反映まで数日かかる場合が御座います。

海外薬店 商品閲覧履歴

海外薬店 通販は安心安全対応


海外薬店 通販郵便局留め

海外薬店 通販安心梱包

海外薬店 通販処方箋不要

海外薬店 通販上に戻る