開催中のキャンペーンに関するお知らせはこちら

VUITY【ピロカルピン1.25%】

VUITY【ピロカルピン1.25%】 1
VUITY【ピロカルピン1.25%】 2
VUITY【ピロカルピン1.25%】 3

商品のパッケージに関するご注意

製薬会社の都合により、実際に届く商品と写真が異なる場合がございます。
商品によってはシートごとのお渡しになる場合もございますので、あらかじめご了承ください。
品質に違いはありませんのでご安心ください。 ×

VUITY【ピロカルピン1.25%】 1
VUITY【ピロカルピン1.25%】 2
VUITY【ピロカルピン1.25%】 3

VUITYは、2021年10月に米国食品医薬品局(FDA)に承認された老眼症状を改善する点眼薬です。 有効成分「ピロカルピン」は、緑内障治療薬として古くから使用され歴史のある薬剤です。
※現在発送される商品の使用期限が2024年10月となります為、ご注文に際しては、予めご了承の上、ご注文頂けますようお願いいたします。 詳細はこちら

分類 点眼剤 対象 男女兼用
有効成分 塩酸ピロカルピン1.25%(12.5mg/mL) 防腐剤: 塩化ベンザルコニウム 0.0075% 不活性物質: ホウ酸、クエン酸ナトリウム二水和物、塩化ナトリウム、塩酸および/または水酸化ナトリウム、精製水
メーカー

ブランド
Allergan
保管方法 「湿気」「直射日光」を避け涼しい場所で保管をしてください。
必ず小さなお子様やペットの手の届かないところに保管してください。

もっと見る

2.5ml
5ml
数量:1 - +
カートカートに入れる
正規品保証・確実配送の通販はメデマート 正規品保証・確実配送の通販はメデマート

病気・症状売れ筋ランキング
病気・症状売れ筋ランキング

眼病・目の疲れ売れ筋ランキング
眼病・目の疲れ売れ筋ランキング

VUITYの効果・詳細

※現在発送される商品の使用期限が2024年10月となります為、ご注文に際しては、予めご了承の上、ご注文頂けますようお願いいたします。
VUITYは、2021年10月に米国食品医薬品局(FDA)に承認された老眼症状を改善する点眼薬です。
手術不要で1日1回の投与で即効性も高く、老眼を改善するとして注目されています。
点眼後15分で効果が発現し、その有効性は最大で6時間ほど持続します。
VUITYには有効成分「ピロカルピン」が1.25%の濃度で配合されています。
「ピロカルピン」は、緑内障治療薬として古くから用いられてきました。

老眼症状改善の作用

老眼は、目の中にある水晶体が加齢に伴い弾力を失うことで、近くにピントを合わせる調節力が低下し、近くが見えにくくなった状態です。薄暗い場所にいるときに感じることが多く、また、遠くから近く、近くから遠くへと視野を移したときに、ピント合わせに時間がかかるようになります。
老眼の目とピロカルピンを使用した時の作用イメージ VUITYは、瞳を小さくする(縮瞳)作用でピントの合う距離が長くなるピンホール効果を利用し、手元の見えにくい老眼の症状を改善させる効果があります。
遠視力に基づく近距離視力が良好で、老眼の改善に有効であり安全性にも問題ないことが証明されています。
実施した試験によれば、点眼後から15分で近方視力の改善効果があらわれ、6時間にわたる効果持続が確認されたと報告されています。

老眼治療の試験結果

GEMINI1

「GEMINI1」は、40~55歳で老眼を患っている男女323人(平均年齢49.6歳)を対象に行われた。
被験者は、ピロカルピン1.25%を有効成分として含む目薬を点眼するグループ(163人)と、有効成分を含まないプラセボ(偽薬)の目薬を点眼するグループ(160人)にランダムに振り分け、それぞれのグループで、30日間1日1回両眼に点眼、近距離視力が比較されています。
解析すると、近距離視力の改善がみられた人の割合はピロカルピンを点眼していたグループの方が22.6%多いという結果になり、統計学的にも意味のある水準で改善を認めていました。

GEMINI2

「GEMINI2」については、2022年4月13日現在で、論文として公表されていません。ただ、臨床試験が登録されているデータベースで「GEMINI2」の情報を確認すると、「GEMINI1」とほぼ同じ方法で研究が行われているようです。

「VUITY」を開発した米国の製薬企業、アッヴィ社のウェブサイトには、「GEMINI1」「GEMINI2」いずれの研究においても、ピロカルピンを点眼していたグループで近距離視力が改善していたと記載されています。
【上記参考元:AbbVie添付文書】

老眼治療薬として日本での承認

VUITYは国内でまだ承認はされていません。
現在承認されている老眼治療は、水晶体を交換する手術のみです。
さらに基本的には自由診療のため健康保険が使えず、経済的な負担も大きい懸念があります。
VUITYは、簡単な使用方法と即効性がありため日本で承認される可能性が高いと言われています。
ピロカルピンの詳細を知りたい人はこちらへ塩化ナトリウムの詳細を知りたい人はこちらへ

VUITYの飲み方・使い方

老眼治療における用法

通常、ピロカルピン製剤を1回両目に1滴ずつ、1日2回点眼します。
2回目は最初の点眼の3~6時間後に投与してください。
【上記参考元:AbbVie - Recommended Use】

緑内障治療における用法

通常、0.5〜4%ピロカルピン製剤を1回1〜2滴、1日3〜5回点眼します。本剤は1.25%製剤です。必ず指示された使用方法に従ってください。

使用する際は必ずコンタクトを外し、点眼後10~15分程度間隔をあけてからコンタクトを装着するようにしてください。 ピロカルピン・点眼薬の使い方 まず手をよく洗います。下まぶたを軽く下にひき、容器の先がまぶたやまつ毛、目に触れないよう注意し点眼します。点眼後は数分間静かに目を閉じてください。
【注意事項】
点眼液が汚染される可能性があるため、容器の先端(スポイト部分)に触れないようにしてください。
他の点眼液も使う場合は、5分以上間隔をあけてください。
点眼し忘れた場合は、気がついたとき、すぐに1回分を点眼してください。ただし、次に点眼する時間が近い場合には点眼せず、次の通常の時間に1回分を点眼してください。2回分を一度に点眼してはいけません。
※効果や副作用、服用方法に関しましては、一般的な情報を記載させて頂いております。メデマートでは、服用及び使用に関する一切の責任を負いかねます。ご了承下さい。

VUITYの副作用

主な副作用には、以下の症状が上げられます。
頻度不明
・眼瞼炎(まぶたのただれ)
・白内障(見えにくい)
・目のかゆみ
・眼の刺激感
・眼痛
・霧視(かすむ)
・暗黒感
・下痢
・悪心
・嘔吐
・頭痛
・発汗
・流涎(よだれ)
※その他異常を感じた場合、速やかに医師の診察を受診して下さい。

VUITYの併用禁忌・使用上の注意

■使用に関しての注意

・かすみ目
本剤の点眼後、瞳孔の収縮や調節痙攣が起こるため、薄暗く感じたり物が見えにくくなったり、ぼやけたりします。その症状が回復するまで車の運転など危険を伴う機械の操作はしないでください。
・網膜剥離のリスク
ピロカルピンを含む縮瞳薬では、網膜剥離や網膜裂孔のまれな症例が報告されています。
・虹彩炎
虹彩とレンズの間で癒着が生じる可能性があるため、虹彩炎を起こしている方は使用を控えてください。

使用できない方

・虹彩炎の方
・本剤や本剤含有成分にアレルギーのある方
・気管支喘息など持病のある方
・網膜剥離の危険のある方
・高齢の方
・小児
・妊娠中あるいは妊娠の可能性のある方
・授乳中の方
以上の方は本剤使用前に必ず医師にご相談いただき、その指示に従ってください。

VUITYの保管方法

「湿気」「直射日光」を避け涼しい場所で保管をしてください。必ず小さなお子様やペットの手の届かないところに保管してください。

VUITYのレビュー

(0件のレビュー)

レビューのリニューアルについて

実際に商品を購入されたお客様のみ投稿可能とさせて頂いております。
2018年7月3日より以前に投稿のあったレビューの内容を一旦リセットさせて頂きました。
ログインして頂く事で、レビューの投稿が可能です。
過去にご購入した商品のレビュー(100文字以上)を投稿して頂いた場合、今なら300ポイントをプレゼントさせて頂いております。 皆様のご協力をお願い致します。

※誹謗中傷や悪質な投稿は表示することができませんので対象外とさせていただきます。

上に戻る
海外医薬品・サプリメントの個人輸入代行メデマート電話注文ボタン