ルプラック【利尿剤】

ルプラック【利尿剤】通販1
ルプラック【利尿剤】通販2
ルプラック【利尿剤】通販3
簡易説明
ルプラックのジェネリック、トラセミド錠は強力な利尿作用によって、体に溜まっている余分な水分を尿によって体外へと排出してくれるお薬です。
むくみが取れる事で、心臓への負担を減らしたり、血圧を下げたりする効果があります。
1回の利尿作用で2キロ以上体重が落ちる事もあり、そのむくみ取りやダイエット効果からモデルや芸能人の中でも話題になっているお薬です。
人気のラシックス【フロセミド錠】と比較して、利尿作用が約5倍強いと言われております。
詳細はこちら
ブランド インタスファーマ 分類 対象 評価
有効成分 トラセミド5mg 10mg
※商品詳細(効果・副作用・使用方法・注意事項)を知りたい方は、そのままページ下部から閲覧して下さい。
成分詳細を知りたい方は、上記、青文字の成分名をクリックして頂く事で、情報引用元の別コンテンツ、医薬品データベースの閲覧が可能です。
保管方法 「湿気」「直射日光」を避け涼しい場所でルプラックの保管をして下さい。
小さなお子様やペットの手の届かないところに必ず、ルプラックを保管して下さい。
ルプラック【利尿剤】 5mg
ルプラック【利尿剤】 10mg
数量  購入する
キャンペーン

正規品保証・確実配送の通販は海外薬店

ルプラック【利尿剤】を購入している人はこんな商品も購入しています
ゼニカル
ゼニカル
脂質吸収抑制
リポドリン
リポドリン
ダイエットサプリ
シュガーバン
シュガーバン
糖質吸収抑制

ルプラック【利尿剤】の効果・詳細

利尿剤のルプラックのジェネリック薬(トラセミドタブレット)は、主成分トラセミドを配合したループ利尿剤で、服用後約30分~1時間程度で強力な利尿作用が現れます。
利尿剤のフロセミド(ラシックス)と比較し、約5倍利尿作用が強くなっております。
フロセミド40mgに対して、トラセミドは5~10mgの使用量で同等以上の効果が見込めます。
約2時間程度、利尿作用が続くことで、通常時よりもトイレに行く回数が増えます。
利尿作用自体は、約6時間~8時間程度持続します。
ルプラックが分類されるループ利尿薬とは、ヘンレ係蹄上行脚髄質部に作用する利尿剤の事を言い、尿細管がループ状に曲がっている事からループ利尿薬と呼ばれています。
利尿剤の中でも、強力な部類にあたる利尿剤です。

【ルプラックの効果】
トラセミドの作用によって、腎臓の尿細管で吸収される塩分や水分量を抑える事で、尿量を増加します。
体内へたまった余分な水分を、尿で体外へと排出します。
この作用によって、体のむくみを解消する事で、心臓への負担を軽減したり、血圧を低下させる効果があります。
また、体外へ余分な水分が排出されにくくなってしまう事で、老廃物なども溜まりやすくなる事から、むくみは美容や健康に悪影響を及ぼすと言われています。
デスクワークや立ち仕事以外にも、むくみが原因で太ってしまう方もいます。
むくみは、脂肪燃焼がしにくくなってしまい、冷え性や血流の悪化から代謝が悪くなり太りやすい体へと悪循環を呼びます。
ルプラックの効果によって、体外へ余分な老廃物を尿と共に排出する事で、むくみをスッキリと解消し、ダイエット効果もあります。

【適応症状一覧】
・腎性浮腫
・心性浮腫
・肝性浮腫

【ルプラックとラシックスを比較】
ラシックスなどの同系統利尿剤と、ルプラックを比較した場合、カリウムの排出が少ない為、副作用の低カリウム血症が出にくい利尿剤です。
その他、脂質代謝や謝耐糖能へ与える影響も抑えられています。
ラシックス【フロセミド】とルプラック【トラセミド】の利尿作用を比較した場合、ラシックスよりもルプラックの方が約5倍程度利尿作用が強力と言われています。

ルプラック【利尿剤】の飲み方・使い方

・成人に対して成分トラセミドを1日1回4mg~10mg(1錠~2錠)を、水又はぬるま湯で服用して下さい。
・連日又は隔日、年齢や症状によって適正量を増減しご使用下さい。
・腎機能不全などの場合には、大量を使用する場合もあります。
・悪性高血圧に使用する場合、他の降圧剤と併用します。
服用方法については、あくまでも目安となりますので、ご不安な方は医師や薬剤師にご相談下さい。
※効果や副作用、服用方法に関しましては、一般的な情報を記載させて頂いております。海外薬店では、服用及び使用に関する一切の責任を負いかねます。ご了承下さい。

ルプラック【利尿剤】の副作用

【ルプラック副作用】
だるさ、脱力感、目眩、ふらつく、尿酸値の上昇、吐き気、頭痛、耳鳴り、耳が聞こえにくくなる など

【低カリウム血症】
だるさ、筋力低下、動悸、便秘 など
※その他異常を感じた場合、速やかに医師の診察を受診して下さい。

ルプラック【利尿剤】の併用禁忌薬・使用上の注意

【併用注意薬一覧】
その他の降圧剤、ジギタリス薬、リチウム(リーマス)、ステロイド薬、グリチルリチン製剤、鎮痛剤、アルコールなど

【使用できない方】
無尿、肝性昏睡、ナトリウムが少ない方、カリウムが少ない方など
※上記に該当する場合は使用できません。

【使用注意】
・ルプラックの効果が効きすぎた場合、脱水症状や血圧低下に伴う体のだるさや目眩などに注意が必要です。
・血液中のカリウムやナトリウムが不足してくると、体のだるさや喉の渇きを感じます。低カリウム血症や低ナトリウム血症にならないようにご注意下さい。
・尿酸値が上昇する場合がありますので、痛風などにご注意下さい。
・服用後30分~2時間程度は頻繁に尿意が現れる為、外出前や就寝前などの服用はお控え下さい。

重い冠硬化症、脳動脈硬化症、重い肝臓病、重い腎臓病、痛風、糖尿病、高齢者 など
※上記に該当される方は、慎重に投与する必要が御座います。
トラセミドの詳細を知りたい人はこちらへ

ルプラック【利尿剤】のクチコミ・レビュー

口コミ・レビューのリニューアルに関しまして

これまではどなたでも口コミ・レビューを投稿する事が可能でした。
口コミ・レビューの信頼性を高める為、実際に商品を購入されたお客様のみ投稿可能とさせて頂きました。
これに伴い、2018年7月3日より、以前に投稿のあった口コミ・レビューの内容を一旦リセットさせて頂きました。
ログインして頂く事で、口コミ・レビューの投稿が可能です。
過去にご購入した商品の口コミ・レビュー(100文字以上)を投稿して頂いた場合、今なら300ポイントをプレゼントさせて頂いております。
皆様のご協力をお願い致します。

※誹謗中傷や悪質な投稿は表示することができませんので対象外とさせていただきます。

海外薬局お買い物ガイド