開催中のキャンペーンに関するお知らせはこちら

アヌソルクリーム・座薬

アヌソルクリーム・座薬 1
アヌソルクリーム・座薬 2
アヌソルクリーム・座薬 3

商品のパッケージに関するご注意

製薬会社の都合により、実際に届く商品と写真が異なる場合がございます。
商品によってはシートごとのお渡しになる場合もございますので、あらかじめご了承ください。
品質に違いはありませんのでご安心ください。 ×

アヌソルクリーム・座薬 1
アヌソルクリーム・座薬 2
アヌソルクリーム・座薬 3

アヌソルクリーム・座薬は、注入型の痔の治療薬になります。
イボ痔、切れ痔、内痔、外痔などほとんどの痔の治療に有効な効果のある治療薬です。血液の循環を促すことにより、塗布した部分の炎症を抑えます。
炎症を抑える酸化ビスマスと酸化亜鉛・次没食子酸ビスマスを配合しております。 詳細はこちら

分類 対象
有効成分 100mg中、酸化亜鉛 10.75g、次没食子酸ビスマス 2.25g、バルサムペルー 1.875g、酸化ビスマス 0.875g
メーカー

ブランド
Johnson & Johnson Ltd.
保管方法 「湿気」「直射日光」を避け涼しい場所で保管をしてください。
必ず小さなお子様やペットの手の届かないところに保管してください。

もっと見る

(座薬)
(クリーム)25mg
数量:1 - +
カートカートに入れる
正規品保証・確実配送の通販はメデマート 正規品保証・確実配送の通販はメデマート

病気・症状売れ筋ランキング
病気・症状売れ筋ランキング

痔・切れ痔・いぼ痔売れ筋ランキング
痔・切れ痔・いぼ痔売れ筋ランキング

アヌソルクリーム・座薬の効果・詳細

アヌソルクリーム・座薬(Anusol)は、Johnson&Johnson Ltd(ジョンソンエンドジョンソン社)が製造する、注入型の痔の治療薬になります。ホルモン系薬剤を使用していない痔治療薬です。
イボ痔、切れ痔、内痔、外痔などほとんどの痔の治療薬に有効な効果のある治療薬です。血液の循環を促すことにより、塗布した部分の炎症を抑えます。
痔の治療薬アヌソルクリームは、別名アヌスル・アヌソル・アヌゾールとも表記されてるものもあります。
炎症を抑える酸化ビスマスと酸化亜鉛・次没食子酸ビスマスを配合しております。
この3つの成分には、組織や血管を縮める作用があり、肛門の皮膚や粘膜にあるタンパク質と結合して保護膜を形成します。
また、炎症や傷などの治癒と殺菌消毒効果のあるペルーバルサムを配合したのがアヌスルクリームになります。
イボ痔・切れ痔、内痔や外痔の炎症を抑えて患部の状態を整え、イボ痔・切れ痔・内痔・外痔からくる様々な不快感を取り除く効果があります。

【アヌソルの有効成分・有効成分の効能】
アヌソルは、肛門部の出血や痛み・腫れ・かゆみなどの症状を軽減する医薬品になります。
「酸化ビスマス/次没食子酸ビスマス」
出血を抑え、粘膜表面を保護します。

「酸化亜鉛」
皮膚の水分を吸収し、摩擦を減らさせます。細菌の増殖を抑制する効果があります。

「ペルーバルサム」
上皮細胞の増殖を促す効果があり、痔核に伴う症状の改善をサポートします。

【痔の種類】
・痔核(いぼ痔)・内痔核
(状態)
痔核は、直腸の下や肛門にある静脈を含めて肛門を閉じる役割をするクッション部分がうっ血してふくらんだもの。この痔核が歯状線より内側にできたものを内痔核といいます。□症状
痛みはほとんどなく、排便時に出血したり、肛門から脱出して気がつくケースが多いよう。肛門から脱出したときには、肛門から飛び出してくる感じや異物感があります。

・痔核(いぼ痔)・外痔核
(状態)
肛門の歯状線より外側にできたものです。肛門の外側に血まめができた状態の痔は、血栓性外痔核と呼びます。
(症状)
腫れて激しく痛むことがほとんどです。ですが、出血は少ないとされています。

・裂肛(切れ痔)
(状態)
肛門の皮膚が切れたり裂けた状態です。
(症状)
排便時に激しい痛みと出血があります。排便後もしばらく痛みが続くこともあります。

・痔瘻(あな痔)
(状態)
歯状線にある、くぼみに大腸菌などが感染すると、炎症が発症して化膿して膿が溜まります。この段階は、まだ肛門周囲膿瘍となり、この症状が何度か続くとことによって、細菌の入り口と膿が皮膚を破って流れ出る部分まで 、1本のトンネルのように貫通します。これが痔瘻です。
(症状)
肛門の周囲の皮膚が腫れて痛みを伴い、ときには熱が出ることもあります。痔瘻になると、膿が出て下着が汚れるようになります。また痔瘻の治療には手術が必要です。

アヌソルクリーム・座薬の飲み方・使い方

症状が出るまでは、朝・夜・排便後に本剤を塗ってください。
入浴後に塗布する部分を清潔な状態にし、乾燥させ軟膏を塗ってください。
ガーゼなどでの使用をオススメします。
直腸内部に関する痔については、直腸ノズルなどを使用し塗ってください。
ノズルを再度使用する場合は、清潔な状態にしてから使って下さい。

【アヌソル座薬タイプ】
朝と夜の1日2回、排便後に肛門へ挿入してください。

服用方法については、あくまでも目安となりますので、ご不安な方は医師や薬剤師にご相談下さい。
※効果や副作用、服用方法に関しましては、一般的な情報を記載させて頂いております。メデマートでは、服用及び使用に関する一切の責任を負いかねます。ご了承下さい。

アヌソルクリーム・座薬の副作用

・塗布した部分に熱さを感じることがあります。
※その他異常を感じた場合、速やかに医師の診察を受診して下さい。

アヌソルクリーム・座薬の併用禁忌・使用上の注意

特に併用禁忌の報告はありません。

アヌソルクリーム・座薬の保管方法

「湿気」「直射日光」を避け涼しい場所で保管をしてください。必ず小さなお子様やペットの手の届かないところに保管してください。

アヌソルクリーム・座薬のレビュー

(0件のレビュー)

レビューのリニューアルについて

実際に商品を購入されたお客様のみ投稿可能とさせて頂いております。
2018年7月3日より以前に投稿のあったレビューの内容を一旦リセットさせて頂きました。
ログインして頂く事で、レビューの投稿が可能です。
過去にご購入した商品のレビュー(100文字以上)を投稿して頂いた場合、今なら300ポイントをプレゼントさせて頂いております。 皆様のご協力をお願い致します。

※誹謗中傷や悪質な投稿は表示することができませんので対象外とさせていただきます。

上に戻る
海外医薬品・サプリメントの個人輸入代行メデマート電話注文ボタン