開催中のキャンペーンに関するお知らせはこちら

パリエット

パリエット 1
パリエット 2
パリエット 3
パリエット 4

商品のパッケージに関するご注意

製薬会社の都合により、実際に届く商品と写真が異なる場合がございます。
商品によってはシートごとのお渡しになる場合もございますので、あらかじめご了承ください。
品質に違いはありませんのでご安心ください。 ×

パリエット 1
パリエット 2
パリエット 3
パリエット 4

パリエットは有効成分にラベプラゾールを配合している胃酸の分泌を抑えてくれるお薬です。
胃酸を抑える作用がありますので、胃酸過多・逆流性食道炎・胃潰瘍・十二指腸潰瘍の治療に効果があります。
また、パリエットはヘリコバクター・ピロリ菌の除菌にも有効です。
▼パリエットを用意する事で予防が可能です
・胃酸過多による胸焼け
・胃酸の逆流で夜中に目が覚める
・胃の痛みから食欲不振になった
・胃潰瘍で痛みが辛い
・ピロリ菌が胃の中に潜伏している
逆流性食道炎や胃酸過多による胸焼けなどでお悩みの方にオススメ致します。
詳細はこちら

分類 対象
有効成分 ラベプラゾール
メーカー

ブランド
エーザイ
保管方法 「湿気」「直射日光」を避け涼しい場所で保管をしてください。
必ず小さなお子様やペットの手の届かないところに保管してください。

もっと見る

20mg
数量:1 - +
カートカートに入れる
正規品保証・確実配送の通販はメデマート 正規品保証・確実配送の通販はメデマート

病気・症状売れ筋ランキング
病気・症状売れ筋ランキング

胃炎・肝臓病売れ筋ランキング
胃炎・肝臓病売れ筋ランキング

パリエットを購入頂いたお客様の声

パリエットの高評価

2019-06-21

昔から胃が弱く疲れやストレスが溜まると胃が痛くなります。パリエットを飲むとこの不快な痛みも和らぐので助かります。市販の胃薬に比べても効果は全然違いました。

パリエットの低評価

低評価のレビューが投稿されていません。

※お客様からいただいたレビューの中で星が多いものと星が少ないものを抜粋しております

パリエットの効果・詳細

【パリエットとは】
パリエットは胃酸の分泌を抑える働きで胃を守る作用があり、プロトンポンプ阻害薬(PPI)になります。
プロトンポンプ阻害薬は、このプロトンポンプに作用することで、働きを妨げて胃酸の分泌を抑制します。
他の胃酸の分泌を抑える作用のある薬にはH2ブロッカー(ヒスタミンH2受容体拮抗薬)がありますが、プロトンポンプ阻害薬はH2ブロッカーよりも強い胃酸の分泌を抑える作用があり、長時間持続してくれます。
プロトンポンプ阻害薬は胃で溶けずに腸で溶けて、体内で吸収されるようなっています。プロトンポンプ阻害薬は副作用が少ないと言われています。
腸で吸収されたパリエットは、胃のプロトンポンプに働きかける酵素「H+,K+-ATPase」の作用を阻害することで胃酸の分泌を少なくさせてくれます。

【ヘリコバクター・ピロリ菌にも有効】
ヘリコバクター・ピロリ菌は、胃の中に存在する細菌で胃疾患の原因となります。
胃の中は胃酸があり、酸性のため、細菌は胃の中では生息することはできません。
しかし、ピロリ菌はウレアーゼという酵素を分泌するため、胃の中で生存できます。
ピロリ菌は、胃炎・胃潰瘍・十二指腸潰瘍・胃がんなどの病気の原因となります。
ですので、ピロリ菌に感染してしまったら、早い段階で除菌を行う必要があります。
除菌には抗生物質が使用されます。
そのため、ピロリ菌の除菌を行うときは、抗生物質の服用と胃酸の分泌を抑えるプロトンポンプ阻害薬が使われます。
抗生物質にプロトンポンプ阻害薬を併用する事で、ピロリ菌の除菌率が上がることは確認されています。
ピロリ菌の除菌にはパリエットなどのプロトンポンプ阻害薬と併用されます。

【逆流性食道炎の原因】
逆流性食道炎とは、胃から上昇してきた胃酸が食道を荒らしてしまい、炎症や腫瘍を起こす病気のことです。
潰瘍がひどいケースでは、吐血することもあります。
悪化させてしまうと『食道がん』になるリスクが高くなります。
逆流性食道炎になってしまうと、食事の直後に吐き気を起こしたり、寝るときに横になるだけで胃酸が上がってくるなどの症状が起こります。
最近では、逆流性食道炎の症状になる方が急増しています。
中高年の方に多くみられた症状でしたが、最近では20~30代の若い方にも増えてきています。
逆流性食道炎を予防で大事なのは、
・暴飲暴食しないこと
・脂肪分が多い食事を減らすこと
・食事をゆっくりすること
・ストレスを溜めないこと

パリエットの飲み方・使い方

【胃潰瘍、十二指腸潰瘍、吻合部潰瘍】
通常は1日1回、10mg服用します。
病状により1回20mgに増やすことがあります。
胃潰瘍、吻合部潰瘍は8週間まで、十二指腸潰瘍では6週間までの使用が上限です。

【逆流性食道炎】
通常は1日1回、10mg服用します。
病状により1回20mgに増やすことがあります。
服用方法については、あくまでも目安となりますので、ご不安な方は医師や薬剤師にご相談下さい。
※効果や副作用、服用方法に関しましては、一般的な情報を記載させて頂いております。メデマートでは、服用及び使用に関する一切の責任を負いかねます。ご了承下さい。

パリエットの副作用

便秘、下痢、軟便、発疹、かゆみ、味覚異常、腹痛など
※その他異常を感じた場合、速やかに医師の診察を受診して下さい。

パリエットの併用禁忌・使用上の注意

・肝機能障害がある方
・妊娠中の方
・授乳中の方がある方
※上記に該当される方は使用できません。

パリエットの保管方法

「湿気」「直射日光」を避け涼しい場所で保管をしてください。必ず小さなお子様やペットの手の届かないところに保管してください。

パリエットのレビュー

(1件のレビュー)

レビューのリニューアルについて

実際に商品を購入されたお客様のみ投稿可能とさせて頂いております。
2018年7月3日より以前に投稿のあったレビューの内容を一旦リセットさせて頂きました。
ログインして頂く事で、レビューの投稿が可能です。
過去にご購入した商品のレビュー(100文字以上)を投稿して頂いた場合、今なら300ポイントをプレゼントさせて頂いております。 皆様のご協力をお願い致します。

※誹謗中傷や悪質な投稿は表示することができませんので対象外とさせていただきます。

上に戻る
海外医薬品・サプリメントの個人輸入代行メデマート電話注文ボタン