開催中のキャンペーンに関するお知らせはこちら

ベンシッド【ベネシッドジェネリック】

ベンシッド【ベネシッドジェネリック】 1
ベンシッド【ベネシッドジェネリック】 2
ベンシッド【ベネシッドジェネリック】 3
ベンシッド【ベネシッドジェネリック】 4

商品のパッケージに関するご注意

製薬会社の都合により、実際に届く商品と写真が異なる場合がございます。
商品によってはシートごとのお渡しになる場合もございますので、あらかじめご了承ください。
品質に違いはありませんのでご安心ください。 ×

ベンシッド【ベネシッドジェネリック】 1
ベンシッド【ベネシッドジェネリック】 2
ベンシッド【ベネシッドジェネリック】 3
ベンシッド【ベネシッドジェネリック】 4

ベネシッドジェネリックは尿酸の排泄量を増やす「尿酸排泄薬」で、痛風や高尿酸血症の治療に使われるお薬です。
血液中の尿酸値が高くなることを高尿酸血症と言い、高尿酸血症になると関節にたまった尿酸が原因で痛風(急性関節炎)の状態になります。
ベネシッドは腎臓に働きかけ、尿酸を尿中にたくさん排泄させることで体内溜まった尿酸値を減らすことができます。
詳細はこちら

分類 対象
有効成分 1錠中に日本薬局方プロベネシド250mgを含有する。 【添加物として】 乳糖水和物、低置換度ヒドロキシプロピルセルロース、ポリビニルアルコール (部分けん化物)、タルク、ステアリン酸マグネシウム、ヒプロメロース、マクロゴール6000
メーカー

ブランド
Geno Pharma
保管方法 「湿気」「直射日光」を避け涼しい場所で保管をしてください。
必ず小さなお子様やペットの手の届かないところに保管してください。

もっと見る

500mg
数量:1 - +
カートカートに入れる
正規品保証・確実配送の通販はメデマート 正規品保証・確実配送の通販はメデマート

病気・症状売れ筋ランキング
病気・症状売れ筋ランキング

痛風・高尿酸値売れ筋ランキング
痛風・高尿酸値売れ筋ランキング

新型コロナウイルス感染症売れ筋ランキング
新型コロナウイルス感染症売れ筋ランキング

ベンシッド【ベネシッドジェネリック】を購入頂いたお客様の声

ベンシッド【ベネシッドジェネリック】の高評価

2022-11-10

痛風なので、常備しています。

しかも最近コロナの治療にも有効だという話を聞きました。

確かにコロナにまだかかっていません。

一石二鳥なお薬かもしれません。

ベンシッド【ベネシッドジェネリック】の低評価

低評価のレビューが投稿されていません。

※お客様からいただいたレビューの中で星が多いものと星が少ないものを抜粋しております

ベンシッド【ベネシッドジェネリック】の効果・詳細

※注意点※
有効成分「プロベネシド」が、現在発生している新型コロナウイルス感染症の治療薬として国外で臨床実験され、有効性が報告されています。
しかし、新型コロナウイルスの治療薬として日本では認可されていません。
詳細に関して公表されていないため、使用についてはお客さまご自身の判断でなさるようにお願いいたします。


ベネシッドジェネリックは痛風と尿酸血漿の治療に使われるお薬になります。
新薬であるベネシッドは1956年10月に販売が開始され、科研製薬株式会社が製造と販売している痛風や高尿酸血症の治療に使われるお薬です。
もともとカリナミドの代替薬として開発されたのがこのベネシッドです。
ベネシッドは腎臓に働きかけ、尿酸を尿中にたくさん排泄させることで、体内の尿酸値下げます。
痛風の症状がでるメカニズムと致しましては、血液中の尿酸値が高くなると関節にたまった尿酸が原因で痛風(急性関節炎)の状態になります。
腎尿細管における尿酸の再吸収を抑制するとともに、血液中の尿酸を尿中に排泄させ、ペニシリンなどの腎尿細管における排泄を抑制し、高い血中濃度を持続させてくれます。
ベネシッドは本来ですと痛風の治療に使われますが、ペニシリンやパラアミノサリチル酸の血液中の濃度を維持させる為にも使われるお薬になります。
このベネシッドと同成分のジェネリック薬で安値で購入が可能です。
痛風(急性関節炎)の症状が治まる前にベネシッドを使うと尿酸の移動により痛風症状を一時的に強くする場合も御座いますのでご注意ください。

≪新型コロナウィルス関連リンク≫
「通風治療剤、新型コロナ予防・治療に効果」 米研究チーム(中央日報日本語版)
プロベネシドの詳細を知りたい人はこちらへマクロゴールの詳細を知りたい人はこちらへ

ベンシッド【ベネシッドジェネリック】の飲み方・使い方

【痛風の場合】
成人1日0.5〜2g (2〜8錠)を分割経口投与し、その後維持量として1日1〜2g (4〜8錠)を2〜4回に分割経口投与する。なお、年齢、症状により適宜増減する。

【ペニシリン、パラアミノサリチル酸の血中濃度維持の場合】
成人1日1〜2g (4〜8錠)を4回に分割経口投与する。なお年齢、症状により適宜増減する。

※効果や副作用、服用方法に関しましては、一般的な情報を記載させて頂いております。メデマートでは、服用及び使用に関する一切の責任を負いかねます。ご了承下さい。

ベンシッド【ベネシッドジェネリック】の副作用

【軽度】
尿路結石、排尿時の痛み、(下腹部・腰・背中の痛み)尿の濁り、血尿、食欲不振、胃の不快感、吐き気、発疹、かゆみ、頭痛、顔のほてり

【重度】
溶血性貧血、再生不良性貧血、アナフィラキシー様反応、肝壊死、ネフローゼ症候群
併用禁止薬

※その他異常を感じた場合は速やかに医師の診察を受診して下さい。

ベンシッド【ベネシッドジェネリック】の併用禁忌・使用上の注意

サリチル酸系薬剤、アスピリン等、インドメタシン、ナプロキセン、ジドブジン、経口糖尿病用剤、スルホニルウレア系、スルホニルアミド系、パントテン酸、セファロスポリン系抗生物質、ペニシリン系抗生物質、アンピシリン水和物等、アシクロビル、バラシクロビル塩酸塩、ザルシタビン、ガチフロキサシン水和物、ジアフェニルスルホン、メトトレキサート、経口抗凝血剤、ワルファリン、サルファ剤、ガンシクロビル、ノギテカン塩酸塩

・妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与すること。
・本剤投与中は授乳を中止させること。

ベンシッド【ベネシッドジェネリック】の保管方法

「湿気」「直射日光」を避け涼しい場所で保管をしてください。必ず小さなお子様やペットの手の届かないところに保管してください。

ベンシッド【ベネシッドジェネリック】のレビュー

(1件のレビュー)

レビューのリニューアルについて

実際に商品を購入されたお客様のみ投稿可能とさせて頂いております。
2018年7月3日より以前に投稿のあったレビューの内容を一旦リセットさせて頂きました。
ログインして頂く事で、レビューの投稿が可能です。
過去にご購入した商品のレビュー(100文字以上)を投稿して頂いた場合、今なら300ポイントをプレゼントさせて頂いております。 皆様のご協力をお願い致します。

※誹謗中傷や悪質な投稿は表示することができませんので対象外とさせていただきます。

上に戻る
海外医薬品・サプリメントの個人輸入代行メデマート電話注文ボタン