デパス

デパス通販
簡易説明
デパスは薬事法により輸入禁止となりましたので、海外薬店では同系統の抗不安薬・睡眠薬の代替商品をご用意しております。
デパス錠は田辺三菱製薬より1984年に販売された日本製「抗うつ剤」です。
心の「病」として、興奮状態やパニック生涯などに用いられる「精神安定剤」として知られています。
詳細はこちら
ブランド 田辺三菱製薬(日本) 分類 対象 男女兼用 評価
関連キーワード 3のテスト
有効成分 エチゾラム0.5mg
エチゾラム 1mg
※商品詳細(効果・副作用・使用方法・注意事項)を知りたい方は、そのままページ下部から閲覧して下さい。
成分詳細を知りたい方は、上記、青文字の成分名をクリックして頂く事で、情報引用元の別コンテンツ、医薬品データベースの閲覧が可能です。
保管方法 「湿気」「直射日光」を避け涼しい場所での保管をして下さい。
デパス 0.25mg
100錠¥10,000¥3,850売り切れ
デパス 0.5mg
100錠¥13,000¥4,880売り切れ
デパス 1mg
100錠¥14,000¥5,980売り切れ
数量  購入する
キャンペーンキャンペーン

正規品保証・確実配送の通販は海外薬店

デパスを購入している人はこんな商品も購入しています

ルネスタジェネリック商品画像
ルネスタ
ジェネリック
ソナタジェネリック
ソナタ
ジェネリック
バスピン
バスピン
デパス代替
効果・詳細
デパス錠は田辺三菱製薬より1984年に販売された日本製「抗不安薬(チエノジアゼピン系)」です。
名前の由来は、鬱(うつ)の英語「depression」と、「通過する」「乗り越える」という意味合いを持つ「pass」(パス)という二つの英単語を組み合わせた造語だと言われています。
主成分として使われている、「エチゾラム」は脳による激しい動機や興奮状態を和らげる「精神安定剤・安定剤・抗不安剤」になります。
【デパスの豆知識】
本商品販売前は、抗不安薬市場のトップに君臨していたのが、「セルシン」でした。
デパスの登場により、現在はこの「デパス錠」が市場のトップシェアを占めています。
「デパス同様抗不安薬として有名なお薬」
・レキソタン
・ソラナックス
・コンスタンなど
精神神経系の多くのお薬は外国の製薬会社が開発したものですが、デパスは日本の製薬会社「吉富製薬」が開発した貴重なジャパン・ブランドのお薬です。

【デパスの効果】
精神的なストレスからくる「不安感」「苛々感」等の緩和にも効果的です。
ストレスによる「睡眠障害」にリラックス効果があり、不眠に悩まされている方には効果的です。
本来睡眠薬として販売されてはいませんが、高ぶった神経を鎮める効果から、心身の緊張や興奮を鎮め安心感を生み、睡眠薬代わりとしての役割にもなります。
また、「イライラ」「精神的不安要素」などの症状には、常に「興奮状態」になっている活発的な「脳」により睡眠生涯や「パニック障害」「あがり症」などの緊張状態といった精神的ストレスの緩和にも有効的なお薬なので、この様な症状のお持ちの方にはお勧め致します。
脳のリラックス系の神経受容体「BZD受容体」に結合することで、リラックス系の神経を活性化させます。抗不安作用のほか、次のような作用をあわせもちます。
デパスの作用はマイナートランキライザーとしての効果は高めで、血中半減期が約6時間以内程度になり、効果の持続時間が短かさが利点の1つです。
体内に薬が溜まる事が無く、早い段階で効き、早い段階で抜けるのが特徴です。

【デパスの処方】
万能的作用のデパスは、精神科や神経科以外の各科でもよく使われています。
・内科領域
高血圧症・胃・十二指腸潰瘍などに処方されます。
・整形外科領域
筋弛緩作用を利用して、肩こりや腰痛に処方されます。
デパスの作用
・抗不安作用について
穏やかにする作用が不安や緊張感をほぐし、緩和させます。
・鎮静・催眠作用について
ストレスからくる興奮状態やイライラの緩和をし快眠効果をもたらせます。
・抗痙攣作用ついて
ストレスよって引き起こす痙攣の予防効果や痙攣を抑える効果がございます。
・筋緊張緩和作用ついて
以下の緊張状態の筋肉が引き起こす痛みを和らげる作用がございます。
(つっぱり・こわばり・腰痛・頑固な肩こり・緊張型頭痛など)

デパスが効果的な症状
・鬱病(うつ病)
不安・緊張・睡眠障害
・神経症(しんけい症)
不安・緊張・抑うつ・神経衰弱症状・睡眠障害
・統合失調症(とうごうしっちょう症)
睡眠障害
・心身症(しんしん症)
高血圧症または十二指腸潰瘍など
・身体症候(しんたい症候)
身体化障害・転換性障害・疼痛性障害・心気症・身体醜形(しゅうけい)障害
・上記の疾患における症状
不安・緊張・抑うつおよび筋緊張:頸椎症・腰痛症・筋収縮性頭痛
飲み方・使い方
【症状別服用方法】
鬱病
・1日3回:成人は1回2錠(主成分は1mg)
神経症
・1日3回:成人は1回2錠(主成分は1mg)
けい椎症
・1日3回:成人は1回1錠(主成分は0.5mg)
心身症
・1日3回:成人は1回1錠(主成分は0.5mg)
筋収縮性頭痛
・1日3回:成人は1回1錠(主成分は0.5mg)
腰痛症
・1日3回:成人は1回1錠(主成分は0.5mg)
睡眠障害
・1日1回(睡眠前):成人は1回2~6錠(主成分は1~5mg)
服用方法については、あくまでも目安となりますので、ご不安な方は医師や薬剤師にご相談下さい。
※効果や副作用、服用方法に関しましては、一般的な情報を記載させて頂いております。海外薬店では、服用及び使用に関する一切の責任を負いかねます。ご了承下さい。
副作用
【よくある副作用】
眠気、ぼーっとしてしまう、集中力の低下、めまい、ふらつき、体の怠さ、脱力感、長期連用による効果の低下(薬剤耐性)、生理不順、乳汁分泌など

【デパスの副作用(重度)】
興奮状態、朦朧とする、取り乱す、息苦しさを感じる、寝起きの頭痛や頭重感、間質性肺炎による症状(熱・咳・呼吸困難)、肝機能障害、黄疸など

【デパスへの依存】
長期間多量のデパスを服用し続ける事で、薬剤依存を引き起こしてしまう可能性があるので、用法容量を正しく守って使用しましょう。
また、依存状態時にいきなり服用を辞めた場合、下記のような離脱症状を引き起こす場合があるので、徐々に薬剤量を減らしていくことで、こういった症状が起こりにくくなります。
イライラ感、強い不安感、不眠、体の震え、痙攣、混乱、幻覚など
※その他異常を感じた場合、速やかに医師の診察を受診して下さい。
併用禁忌薬・使用上の注意
【併用注意薬】
下記の薬剤等と併用する場合は、注意が必要です。併用が可能かどうか、必ず医師に確認をとり指示に従って下さい。
・その他の抗うつ剤・安定剤
・中枢神経抑制剤(フェノチアジン誘導体・バルビツール酸誘導体など)
・MAO阻害剤
・フルボキサミンマレイン酸塩
・アルコール(お酒) など

【併用禁忌】
下記に該当される方は、症状を悪化させる恐れがある為、使用できません。
・急性狭隅角緑内障
・重症筋無力症 など

【併用注意】
下記に該当される方は、慎重に投与する必要が御座います。
・心障害の方
・肝障害の方
・腎障害の方
・脳に器質的障害がある方
・衰弱している方
・中等度呼吸障害又は重篤な呼吸障害(呼吸不全)のある方
・小児
・高齢者 など

【使用上の注意】
・眠気や集中力低下を招く恐れがある為、服用中の方は車の運転や高所作業など、危険を伴う行為は控えて下さい。
エチゾラムの詳細を知りたい人はこちらへ

2のテスト

デパスのクチコミ・レビュー

口コミ・レビューのリニューアルに関しまして

これまではどなたでも口コミ・レビューを投稿する事が可能でした。
口コミ・レビューの信頼性を高める為、実際に商品を購入されたお客様のみ投稿可能とさせて頂きました。
これに伴い、2018年7月3日より、以前に投稿のあった口コミ・レビューの内容を一旦リセットさせて頂きました。
ログインして頂く事で、口コミ・レビューの投稿が可能です。
過去にご購入した商品の口コミ・レビュー(100文字以上)を投稿して頂いた場合、今なら300ポイントをプレゼントさせて頂いております。
皆様のご協力をお願い致します。

※誹謗中傷や悪質な投稿は表示することができませんので対象外とさせていただきます。

カテゴリから探す

お買い物ガイド