肥満症治療薬ゼニカルの目に見える効果とサプリとの違いを解説

肥満症治療薬ゼニカルの目に見える効果とサプリとの違いを解説 ダイエット

肥満症とは

肥満症とはBMIが25以上で引き起こされる11種類の合併症(高血圧や脂肪肝、睡眠時無呼吸症候群など)が1つ以上あるか、健康被害が起こりやすい内臓脂肪蓄積がある状態を言います。身長に対して体重が重い「肥満」とは別の状態です。食べすぎや運動不足によって引き起こされる疾患で、治療法としては減量することが第一となります。

肥満症治療薬ゼニカルとは?

ゼニカルは、肥満症に用いられる医薬品で、スイスのロシュ社で開発されました。肥満ではない普通体系の方でも体重コントロールのために使用されることもあります。

ゼニカルの目に見える効果

ゼニカルの効果は個人差があるといわれていますが、早い方で数日、一般的には2~3週間ほどで効果を実感できるといわれています。そのため、数日服用して効果が実感できなくても最低2~3週間は服用して効果判定する必要があります。
海外の試験では、ゼニカル120mg(1カプセル)を1年間服用し続けたところ、6.1kg体重が減少したというデータが報告されています。この結果が出た時、食事制限や運動療法などはなかったとのことでしたので、これまでの生活をつづけながら体重を減少させる効果が期待できます。
また、ゼニカルは服用してから1~2時間ほど効果が持続します。効果が続いている時間では、食事で摂取した脂の吸収をおよそ30%抑制するとされています。吸収が抑制された脂は、1~2日で便として排出されます。

作用機序

ゼニカルの有効成分は「オルリスタット」というもので、肝臓に含まれる消化酵素の働きを弱める効果があります。この消化酵素をリパーゼといっていますが、このリパーゼは脂肪を分解する働きを持っており、脂肪の吸収を促進してしまいます。オルリスタットは、リパーゼの活性を阻害することで、脂の吸収を抑制し、そのまま便として排出させます。脂の吸収を抑制する薬剤であるため、糖質(炭水化物)中心の食生活を送っていると、ゼニカルの効果は出にくくなる傾向があります。

飲み方

ゼニカルは1回1錠を1日3回まで服用できます。服用から1~2日程度で、体の中にある脂が便として排出されますが、その割合は30%ほどといわれています。服用する時間は、食事中もしくは食後1時間以内が効果的です。食事が長い時間になることがあらかじめわかっている場合には、脂っこいものを先に食べて、すぐゼニカルを飲むと効果を発揮しやすいとされています
1日3回までとなっているので、自分の目指す体型に合わせて服用錠数を調節することができます。

副作用

ゼニカルの副作用は、重大な副作用として肝障害が報告されています。一般的に出やすい副作用としては、脂漏れやオナラ、排便回数の増加、ビタミン不足などの副作用が報告されています。代表的な症状についてご紹介します。

①脂漏れ・オナラ
脂漏れとは、気が付かないうちに吸収されなかった脂が肛門から排出されることを指します。
オナラと一緒に脂がでることもあり、下着や洋服を汚してしまうことがあります。
対処法としては、女性であれば生理用ナプキン、男性であれば尿取りパットなどを着用しておくと良いでしょう。

②ビタミン不足
脂に溶けやすい脂溶性ビタミンも一緒に吸収を抑制してしまうため、体からビタミンが失われやすくなります。
特にビタミンの中でもビタミンA・D・E・Kが不足されやすいため、皮膚の乾燥や貧血、脱毛を引き起こすリスクもあります。ビタミンは体に大切な栄養素のため、サプリメントなどで定期的に摂取することを意識してください。

③肌の乾燥
人によっては肌がウロコのようにかさかさとしてしまう、肌表面の潤いが失われる、といったことが起こります。保湿やサプリで肌のかさつき対策していきましょう。

使用上の注意

①トイレに注意
ゼニカルは体の脂を便として排出する作用を持っています。そのため、ゼニカルを服用する前よりも脂っぽい便が増えます。そのほかにも、便ではなくても気が付かないうちに脂が排出されていることがあるため、女性であれば生理用ナプキン、男性であれば尿取りパットなどを着用しておくと良いでしょう。
脂漏れが気になる方は、食事を脂質の少ないものに変えると良いとされています。

②肌のかさつきに注意
ゼニカルは脂を排出させる作用があるので、体全体の脂分が減少してしまいます。すると、肌のうるおいも少なくなり肌のパサつきやかさつきを感じることがあります。保湿クリームなどを一緒に塗ると良いでしょう。

商品名 ヒルドイドクリーム
画像 ヒルドイドクリーム画像
有効成分 ムコ多糖体多硫酸エステル (ヘパリン類似物質)0.445%
価格 1本あたり1966円~
メーカー Pharmavision San
購入ページ

③ビタミン不足に注意
ゼニカルが脂を排出させるのと同時に、脂に溶けやすいビタミンを一緒に排出してしまうことがあります。ビタミンは肌のつややうるおいを保っていますので、肌の状態が悪化する可能性があります。ビタミン不足にならないよう、サプリメントやビタミン補給をしながら服用を続けると良いでしょう。マルチビタミンの摂取がおすすめされていますが、ゼニカルと同じタイミングで服用するとせっかくのんだビタミンが吸収されないこともありますので、2時間以上服用間隔をあけると良いです。

商品名 マルチビタミン
画像 マルチビタミン画像
有効成分 ビタミンA・C・D・E・B6・B12・マグネシウム・ミネラル・鉄分・イノシトール等
価格 1錠あたり63円~
メーカー バイタルミー
購入ページ

④併用注意薬をチェック
ゼニカルに併用禁忌薬はありませんが、併用する際に注意が必要な薬剤はいくつかあります。例えば、抗てんかん薬などは一緒に服用するとけいれんを起こしてしまう可能性があります。また、血液をサラサラにするお薬、「ワーファリン」と一緒に服用すると、ビタミンK不足が起こり出血しやすくなる可能性があるとされています。

ダイエットサプリとの違いは?

サプリメントは、日常生活で不足している栄養素を補う役割があります。一方で医薬品は病気の人を対象としているため、疾患に効果があるかどうかデータをとって試験しています。そのため、サプリメントは肥満には対象になるケースが多いですが、肥満症という疾患には対象にはなりません。
ゼニカルのような医薬品は、肥満症(合併症を抱えている人向け)に開発された薬剤ですので、サプリメントよりも高い効果が見込めます。

ゼニカルで瘦せる?

食生活を変えずにダイエット

ゼニカルは高い有効性が世界中で認められている肥満症治療薬です。1番の特徴は、これまで通りの食事をしながら、体重コントロールができる点です。ついつい食べ過ぎてしまっていた人や、食事量を減らさずに体重を落としたい人、食制限でのダイエットが続かなかった人におすすめの医薬品です。しかし、ゼニカルの効果をより高めるには、食事の見直しや軽めの運動を一緒に行うとよいとされています。食事の見直しについては、炭水化物をとりすぎていたら、減らしてみることが重要です。軽めの運動については、ウォーキングやジョギングなどがおすすめです。軽めの運動することで基礎代謝があがり、瘦せやすくなります。加えて、リバウンドもしにくくなるため、ゼニカルの服用と合わせて実施してみてください。

ゼニカルは、こんな人におすすめ

  • 脂質の多い食事が好きな人
  • 体重を落としたいと思っているが、食事量は減らしたくない人
  • いつもうっかり食べ過ぎてしまう人
  • これまでつらい食事制限のダイエットが続かなかった人
  • 体重を落としたいが、食生活を変えられない環境にある人(飲食関係のお仕事をされている方や会食が多い方)

<ゼニカル関連商品①>

商品名 ゼニカル
画像 ゼニカル画像
有効成分 オルリスタット(Orlistat)120mg
価格 120mg:1錠あたり173円~
メーカー Delpharm Milano S.r.l.
購入ページ

ゼニカルは市販やamazonなどの通販では買えない?

ゼニカルの購入方法

ゼニカルはアメリカでは承認されていますが、日本では承認されていない薬剤となります。そのため、amazonや楽天などの通販では基本的に購入ができません。ゼニカルを入手する方法としては、医療機関で処方してもらうか、個人輸入を通じてインターネットで購入する方法に限られています。
市販薬として発売されているのか、という疑問を持たれる方もいるかと思いますが、ゼニカルは現在発売されていません。
しかし、オルリスタットを成分として含んだ「アライ」という薬剤が2023年2月に市販薬として承認を得ています。(2023年10月現在発売はまだされておりません)
大正製薬が開発を進めていた医薬品で、発売されればドラックストアなどでも入手可能になるかもしれません。しかし、要指導医薬品のため、薬剤師さんの説明が必須となり、インターネットでの販売は不可となります。

●アライ
アライは、体力が衰えた方の冷え性や貧血、更年期障害におけるむくみなどの症状改善に使用されます。

商品名 アライ
画像 アライ画像
有効成分 1カプセル中 オルリスタット 60mg
効果 腹部が太めな方※の内臓脂肪および腹囲の減少(生活習慣改善の取り組みを行っている場合に限る)
※腹囲(へその高さ):男性85cm以上、女性90cm以上
用法用量 18歳以上は、1回1カプセルを1日3回服用してください。
メーカー 大正製薬

ゼニカルの最安値ジェネリック薬

ゼニカルは発売してから年月が経過している医薬品となりますので、ジェネリック医薬品が複数出ております。ジェネリック医薬品は、先発医薬品と効果や成分量は同じですが、価格が安くなった医薬品です。類似品にはご注意ください。

オルリファスト

オルリファストは、ゼニカルのジェネリック医薬品です。

商品名 オルリファスト
画像 オルリファスト画像
有効成分 オルリスタット(Orlistat)60mg 120mg
価格 60mg:1錠あたり78円~
120mg:1錠あたり88円~
メーカー ロイドラボラトリーズ
購入ページ

オルリガルなど

オルリガルは、世界17か国100万人以上で使用されているゼニカルのジェネリック医薬品です。

商品名 オルリガル
画像 オルリガル画像
有効成分 オルリスタット(Orlistat)120mg
価格 120mg:1錠あたり71円~
メーカー ハブファーマシューティカルズ&リサーチ 『Hab Pharmaceuticals & Research』
購入ページ

ゼニカルに関するよくある質問

最後に

肥満症は、現代において一般的な疾患です。なかなか自分で運動してみても瘦せなかった方、続かなかった方は一度ゼニカルでダイエットを検討してみてもよいかもしれません。個人差はありますが、効果が実感できる可能性があります。
また、肥満症以外の方でも体重管理に使用されることの多いゼニカルですので、副作用などには注意をしながらダイエットを検討してみてください。

出典

【参考元: 一般社団法人 日本肥満学会】【参考元:内臓脂肪減少薬「アライ」の製造販売承認取得のお知らせ】
タイトルとURLをコピーしました