アモキシリン

アモキシリン通販
簡易説明
アモキシリンは、ジャーマンレメディ社が開発・販売する、梅毒・淋病などの性病や細菌に効果のあるペニシリン系の抗生物質です。梅毒・淋菌などの性感染症に感染した場合、痛みや腫れ・痒みなどの症状があらわれます。
アモキシリン(アモキシシリン)は細菌の殺菌効果が強いので、梅毒や淋病だけではなく、咽頭炎・扁桃炎・急性気管支炎・中耳炎・歯周組織炎・膀胱炎・大腸菌・インフルエンザ・ピロリ菌の除去などの感染症治療薬として使われています。
▼サワシリンで予防が可能です
・梅毒をパートナーに移してしまった
・淋病がバレてパートナーと別れた
・突然の風邪で喉の痛みと高熱
・歯周病による歯茎の腫れや出血
・ピロリ菌による胃がんリスクの上昇
梅毒・淋病以外にも、喉の炎症や歯周病、インフルエンザ、膀胱炎、ピロリ菌の除菌等、1日分の値段140円~始められると、大変人気の抗生物質です。
詳細はこちら
ブランド
Aspen Pharma Pty Ltd ※20錠
Pfizer Limited ※150錠
Bristol Laboratories Ltd ※売り切れ
分類 対象 評価
有効成分 アモキシシリン250mg 500mg
※商品詳細(効果・副作用・使用方法・注意事項)を知りたい方は、そのままページ下部から閲覧して下さい。
成分詳細を知りたい方は、上記、青文字の成分名をクリックして頂く事で、情報引用元の別コンテンツ、医薬品データベースの閲覧が可能です。
保管方法 「湿気」「直射日光」を避け涼しい場所でアモキシリン(アモキシシリン)の保管をして下さい。
アモキシリン 250mg
アモキシリン 250mg20錠
1箱¥1,500¥1,420売り切れ
2箱¥3,000¥2,800売り切れ
3箱¥4,500¥4,000売り切れ
数量  購入する
キャンペーンキャンペーン

正規品保証・確実配送の通販は海外薬店

アモキシリンを購入している人はこんな商品も購入しています

梅毒セルフテスト通販
梅毒
セルフテスト
淋病検査キット通販
淋病
検査キット
アジー【ジスロマック】通販
アジー
ジスロマック

1万円以上のご購入で送料千円が無料となる為、検査キットや他の抗生物質などと一緒にまとめ買いがお得です。
梅毒や淋病などを自宅で簡単正確に判定可能な検査キットや、ジスロマックと同成分同効果のジェネリック薬であるアジーといった抗生物質が人気です。

効果・詳細
アモキシリンはペニシリン系の抗生物質で、性感染症治療以外にも様々な治療に用いられる抗生物質です。
有効成分アモキシシリンを配合した抗生物質では、サワシリンが有名ですが、アモキシリンはサワシリンと同成分を配合した医薬品です。
細菌への殺菌作用が強いことから、喉の腫れ等の風邪の諸症状や、中耳炎等の耳鼻咽喉科関連、インフルエンザ、ニキビ、梅毒や淋病による、尿道炎や子宮内感染症などの性感染症、ヘリコバクター・ピロリ菌の除去など、多岐に渡って用いられています。
【梅毒・淋病にはアモキシリン(アモキシシリン)】
様々な性感染症がありますが、その代表的な性感染症として『梅毒や淋病』があります。
一度の性行為で梅毒に感染する確率は15~30%といわれています。
最近では、性行為以外にもオーラルセックスからの感染が増えています。
比較的感染しやすいので、口の周辺にケガなどをしている場合は、キスだけで感染することもあります。
梅毒に感染すると、感染から3週間~3ヶ月ほどで感染した部位に小さくて硬いシコリのようなものができます。
この状態を第1期梅毒の初期症状と言います。
シコリのようなものは放置していれば自然になくなりますが、病原菌は体内に広がることで、梅毒が進行してしまいます。
第2期梅毒症状
病原体が血液に入り込み、全身に広がるため全身のリンパの腫れ・発熱・関節痛など、様々な症状があらわれます。
全身の皮膚に「バラ疹」と呼ばれる赤いアザのような斑点があらわれます。
また、赤茶色のブツブツができることもあります。
第2期梅毒症状も、放置していれば自然になくなりますが、しばらくは無症状が続きます。
現在ではペニシリン系の抗生物質があるので、放置しない限り、ここまで症状が進むことはあまりありません。
【梅毒 男女別症状】
梅毒は、男性も女性も同じ症状があらわれますが、体の構造が違うため、第1期症状で、シコリのようなものがあらわれる部位に違いがあります。
男性の場合:亀頭や亀頭と陰茎の境目の部分にシコリのようなものがあらわれます。
女性の場合:膣の入り口・大陰唇や小陰唇にシコリのようなものがあらわれます。
女性の方は、自分の性器の見ることがあまりないので、シコリのようなものに気づかないことが多いです。
ですが、放置してしまうと梅毒の症状が進行し、治療にも時間がかかります。
定期的に自分で性器にシコリなどがないか確認することで、違う性病を見つけられることがあります。
また、梅毒は性器周辺以外にも咽頭にも感染します。
梅毒に感染すると病変部分があると、HIV(エイズウイルス)などにも感染しやすくなります。
【梅毒治療期間】
感染後3週~3カ月第1期梅毒 :2週間~4週間
感染後3カ月~3年の第2期梅毒:4週間~8週間
上記、服用目安になります。
症状が収まっても完治まで必ず飲みきって下さい。
【淋病治療にはアモキシリン(アモキシシリン)】
淋病に関しても、性行為やオーラルセックス等の前戯でも感染します。
自覚症状が出ない場合も多く、気付かずに放置してしまうと、悪化してしまいます。
男性の場合:淋菌性尿道炎によって排尿時の激痛と、尿道から膿が出ます。
女性の場合:おりものが増えたり悪臭が出たりと、基本的には自覚症状が乏しいです。
オーラルセックスで、喉に感染した場合、喉の傷みや腫れ等で風邪に似た症状が出る場合があります。
また、淋病感染者の2割~3割はクラミジア感染症と併発していますので、同時治療が必要です。
【淋病治療期間】
アモキシリン(アモキシシリン)服用期間は、2週間が目安となります。
途中で服用をやめると、耐性菌であるスーパー淋菌を作ってしまいますので、
症状が収まっても必ず完治するまで服用しましょう。
スーパー淋菌に感染していた場合、服用期間は長くなります。
【アモキシリン(アモキシシリン)の効果・適応症状と菌種】
アモキシリン(アモキシシリン)は、ペニシリン系の中でも使用頻度の高い抗生物質です。細菌の殺菌能力が強いのが特徴です。
また、様々な感染症治療薬として使われています。服用することで、細菌の二次感染を予防することもできます。
殺菌効果が強く、治療効果が高いので、短期間での完治に優れている抗生物質です。
【アモキシリン(アモキシシリン)の適応症状】
・梅毒
・淋病
・咽頭炎
・喉頭炎
・扁桃炎
・急性気管支炎
・肺炎
・中耳炎
・歯周組織炎
・膀胱炎
・腎盂腎炎
・前立腺炎(急性症、慢性症)
・精巣上体炎(副睾丸炎)
・歯周組織炎
・歯冠周囲炎
・顎炎
・大腸菌
・インフルエンザ
・皮膚炎
・子宮内感染
・子宮付属器炎
・子宮旁結合織炎
・表在性皮膚感染症
・深在性皮膚感染症
・リンパ管炎
・リンパ節炎
・慢性膿皮症
・乳腺炎
・骨髄炎
・涙嚢炎
・麦粒腫
・猩紅熱
・外傷、熱傷及び手術創等の二次感染
・びらん、潰瘍の二次感染
・慢性呼吸器病変の二次感染 など

【他の治療薬と併用治療】
・胃潰瘍
・十二指腸潰瘍
・胃MALTリンパ腫
・特発性血小板減少性紫斑病
・早期胃癌に対する内視鏡的治療後胃におけるヘリコバクター・ピロリ感染症
・ヘリコバクター・ピロリ感染胃炎

【アモキシリン(アモキシシリン)の適応菌種】
・梅毒トレポネーマ
・淋菌
・ヘリコバクター・ピロリ菌
・本剤に感性のブドウ球菌属
・レンサ球菌属
・肺炎球菌
・腸球菌属
・大腸菌
・プロテウス、ミラビリス
・インフルエンザ菌

【アモキシリン(アモキシシリン)の関連ページ】
性感染症(STD)について

淋病(淋菌感染症)の症状とお薬

梅毒の症状とお薬
飲み方・使い方
水又はぬるま湯で下記症状に合せた容量を服用して下さい。
治療する症状により、治療期間や用法用量が変わりますので、必ずご確認下さい。
完治するまで治療を継続しない場合、薬が効きにくくなる耐性菌を作り出してしまう為、かえって治りにくくなる場合が御座いますので、必ず完治するまでしっかりと治療して下さい。
【成人の服用方法】
・1日3~4回 1回250mgを服用して下さい。
※年齢や症状によって適量に増減して下さい。

【小児の服用方法】
小児の場合、体重1kgに対してアモキシシリン20mg~40mgを1日3~4回にわけて服用して下さい。但し、1日の最大量を90mg/kgを超えないこと。
※年齢や症状によって適量に増減して下さい。
※症状や耐性菌によっては治療期間が長引く場合も御座いますので、医師の指示に従ってご使用下さい。

【ヘリコバクター・ピロリ菌に対する服用方法】
・アモキシシリン水和物1回750mg
・クラリスロマイシン1回200mg
・プロトンポンプインヒビター
上記の3剤を1日2回同時に1週間継続して服用します。
※但し、クラリスロマイシンを必要に応じて最大1回400mgまで適量に増減が可能。

【ピロリ菌治療不成功時の服用方法】
・アモキシシリン水和物1回750mg
・メトロニダゾール1回250mg
・プロトンポンプインヒビター
上記の3剤を1日2回同時に1週間継続して服用します。
※プロトンポンプインヒビターは、ランソプラゾールとして1回30mg、オメプラゾールとして1回20mg、ラベプラゾールナトリウムとして1回10mg又は、エソメプラゾールとして1回20mgのいずれか1剤を選択します。

服用方法については、あくまでも目安となりますので、ご不安な方は医師や薬剤師にご相談下さい。
※効果や副作用、服用方法に関しましては、一般的な情報を記載させて頂いております。服用及び使用に関する一切の責任を負いかねます。ご了承下さい。
副作用
【よくある副作用】
発疹(小さな赤い出来物等)、じんましん(赤く腫れる)、軟便、下痢、腹痛、吐き気、味覚異常など

【副作用(重度)】
「アナフィラキシーショック」
気持ち悪い、冷や汗、顔面蒼白、手足の冷え、手足の痺れ、じんましん、全身発赤、顔の腫れ、喉の腫れ、呼吸困難、目眩、血圧低下、意識が遠のくなど

「腎臓異常」
尿が少量、尿が出ない、尿の濁り、尿が泡立つ、血尿、むくみ、だるさ、吐き気、側腹部痛、頭痛、けいれん、喉の渇き、血圧上昇など

「血液異常」
発熱、喉の痛み、口内炎、だるさ、皮下出血(血豆や青あざが出来る)、鼻血、歯肉出血など

「大腸炎」
激しい腹痛、下痢、発熱、血便、下血など

「皮膚・粘膜異常」
発疹、発赤、水ぶくれ、膿、皮がむける、皮膚の熱感や痛み、かゆみ、唇や口内がただれる、喉の痛み、目の充血、発熱、全身のだるさなど

「肝臓異常」
体のだるさ、食欲不振、吐き気、発熱、発疹、かゆみ、黄疸、尿が茶褐色など

「肺炎」
から咳、息苦しさ、息切れ、発熱など
※その他異常を感じた場合、速やかに医師の診察を受診して下さい。
併用禁忌薬・使用上の注意
【併用注意薬】
下記の薬剤等と併用する場合は、薬の効果が増減したりするので注意が必要です。
併用が可能かどうか、必ず医師に確認をとり指示に従って下さい。
・抗血栓薬ワルファリン(ワーファリン)の作用増強
・避妊薬の避妊効果低下

【使用上の注意】
下記に該当される方は、慎重に投与する必要が御座います。
・アレルギー体質
・喘息
・じんましん
・腎臓病
・高齢者 など
・症状や治療期間によって用法用量が変わる為、医師の指示に従って正しく服用して下さい。

【耐性菌】
完治する前に使用をやめた場合、残った菌が薬剤に対して抵抗力を持つ耐性菌が増加してしまいます。
最初から耐性菌だった場合や、中途半端な治療によって耐性菌に変化した場合、従来の治療期間では薬剤が効きにくくなってしまう為、長期間治療を行わなくては菌が完全に死滅しない場合がありますので、ご注意下さい。
アモキシシリンの詳細を知りたい人はこちらへ

アモキシリンのクチコミ・レビュー

口コミ・レビューのリニューアルに関しまして

これまではどなたでも口コミ・レビューを投稿する事が可能でした。
口コミ・レビューの信頼性を高める為、実際に商品を購入されたお客様のみ投稿可能とさせて頂きました。
これに伴い、2018年7月3日より、以前に投稿のあった口コミ・レビューの内容を一旦リセットさせて頂きました。
ログインして頂く事で、口コミ・レビューの投稿が可能です。
過去にご購入した商品の口コミ・レビュー(100文字以上)を投稿して頂いた場合、今なら300ポイントをプレゼントさせて頂いております。
皆様のご協力をお願い致します。

※誹謗中傷や悪質な投稿は表示することができませんので対象外とさせていただきます。

カテゴリから探す

お買い物ガイド