ゾニサミド

ゾニサミド通販
簡易説明
ゾニサミドは、てんかんの発作を予防するためのお薬です。
一般的には抗てんかん薬と呼ばれ、主成分はゾニサミドで、脳神経の興奮を抑制し、痙攣(けいれん)などの各種てんかん発作を予防する効果が期待されます。
その他にも、パーキンソン病の症状を改善する効果もあります。
詳細はこちら
ブランド Sun Pharma Laboratories Ltd. 分類 対象 評価
★★★★★クチコミ1件
有効成分 ゾニサミド25mg
保管方法 「直射日光」を避け涼しい場所で保管して下さい。
ゾニサミド 25mg
数量  購入する
キャンペーンキャンペーン

正規品保証・確実配送の通販は海外薬店

ゾニサミドを購入している人はこんな商品も購入しています

バスピン
バスピン
デパス代替
ジェイゾロフト
ジェイゾロフト

ドグマチール
ドグマチール
ジェネリック
効果・詳細
【効果】
ゾニサミドは一般的に抗てんかん剤として処方されるお薬で、1989年に日本で製造開発されました。
てんかんの発作は、脳内の電気信号に異常が起きてしまう事で発症してしまい、突発的に起こってしまう症状のことを言います。
てんかんによる電気信号をコントロールすることで、発作を抑える作用があるお薬です。

【てんかんとは?】
てんかん(癲癇)は脳の病気の一種のことを言い、大脳の神経細胞が過剰に働いてしまうことにより、脳内の電気信号に異常が起きてしまう症状です。
その異常により、発作的な痙攣や意識障害などが慢性的に起きてしまう病気です。
もともとてんかんは、昔からある古い病気で、年齢や性別を問わず誰にでも発病してしまう可能性があります。
てんかんと聞くと、突然意識を失いけいれん発作が起こると思われがちですが、脳の電気的な刺激がどこで発生したかによって様々な症状がみられます。
てんかんの症状には、全般発作と部分発作の2種類に分類され、全般発作は脳全体に異常な電気信号が送られ、意識が最初からなくなってしまうという特徴があります。
後者の部分発作は、脳内の特定の部分から始まる発作のことを言い、この症状は自覚できるのが特徴です。

【てんかん発作と頭痛】
てんかんと頭痛には深く関係性があります。
頭痛は、「てんかんの前兆としての頭痛」「てんかんが治まった後に起きる症状としての頭痛」の2種類あります。
持病でてんかんをお持ちの方で、大体発作が起きる前に、頭を締め付けられるような頭痛があり、この頭痛が始まると決まって発作が起きると言われます。
そして、てんかん発作のあとに起こることが多い症状としても頭痛が挙げられます。
飲み方・使い方
・成人の方は最初1日100~200mg(4~8カプセル)を1~3回に分割して服用します。
・以後1~2週ごとに増量し、通常1日量200~400mg(8~16カプセル)までを上限とし、1~3回に分割して服用して下さい。
・最高1日量は600mg(24カプセル)までです。
服用方法については、あくまでも目安となりますので、ご不安な方は医師や薬剤師にご相談下さい。
※効果や副作用、服用方法に関しましては、一般的な情報を記載させて頂いております。海外薬店では、服用及び使用に関する一切の責任を負いかねます。ご了承下さい。
副作用
眠気、食欲不振、無気力、自発性低下、運動失調、吐き気・嘔吐、倦怠・脱力感、発疹、かゆみ、発汗減少など
※その他異常を感じた場合、速やかに医師の診察を受診して下さい。
併用禁忌薬・使用上の注意
ゾニサミドの成分に対し過敏症の既往歴のある方はお控えください。

ゾニサミドのクチコミ・レビュー


  • 評価:★★★★★

    海外薬店様
    お荷物配送手配していただきましてありがとうございました。
    私の場合は他のてんかん薬を服用していましたが、ゾニサミドに変えてから副作用が落ちつきました。
    もともと手や足の痺れを若干感じていましたがそれも感じなくなり大変穏やかな感じでいい効果があると思います。

カテゴリから探す

お買い物ガイド