開催中のキャンペーンに関するお知らせはこちら

トピロール画像 1枚目
トピロール画像 2枚目

商品のパッケージに関するご注意

製薬会社の都合により、実際に届く商品と写真が異なる場合がございます。
商品によってはシートごとのお渡しになる場合もございますので、あらかじめご了承ください。
品質に違いはありませんのでご安心ください。 ×

トピロールサムネイル 1枚目
トピロールサムネイル 2枚目

トピロール

平均5点

1件レビュー

更新日:2024年05月26日

トピロール 25mg
内容量 販売価格(1錠単価) ポイント 注文
100錠

¥4,800(1錠単価:¥48)

240pt
200錠

¥8,400(1錠単価:¥42)

420pt
300錠

¥11,900(1錠単価:¥39)

595pt
数量 カートカートに入れる
分類 ジェネリック(後発薬)
対象 男女兼用
カテゴリ メンタルヘルスケア
有効成分 トピラマート25mg
主な副作用

主な副作用

・傾眠、体重減少、浮動性めまい、無食欲及び大食症候群等
・臨床検査値異常(γ-GTP増加、血中塩化物増加、血中重炭酸塩減少、血中リン減少)

重大な副作用

・続発性閉塞隅角緑内障及びそれに伴う急性近視、腎・尿路結石、代謝性アシドーシス、乏汗症及びそれに伴う高熱等
※その他異常を感じた場合、速やかに医師の診察を受けて下さい。
メーカー Sun Pharma Laboratories Ltd(サンファーマ)

メンタルヘルスケア売れ筋ランキング
メンタルヘルスケア売れ筋ランキング

てんかん・ADHD売れ筋ランキング
てんかん・ADHD売れ筋ランキング

トピロールを購入頂いたお客様の声

トピロールの高評価

2024-05-17
女性・20代

ダイエット目的です。この薬が一番痩せると聞いて購入しました。フォシーガとか私には合わなかったのでこれが合えばいいなあと思っております。

トピロールの低評価

低評価のレビューが投稿されていません。

※お客様からいただいたレビューの中で星が多いものと星が少ないものを抜粋しております

トピロールの効果・詳細

トピロールは、Sun Pharma Laboratories Ltd(サンファーマ社)が開発した抗てんかん薬で、日本では2007年よりトピナの商品名で販売されている製品のジェネリック医薬品です。
脳の一部から興奮が始まる部分発作に適応があり、 他の抗てんかん薬で十分な効果が認められないてんかん患者の部分発作(二次性全般化発作を含む)に対する抗てんかん薬との併用療法として用いられます。
米国では、てんかんと片頭痛予防に保険承認を得ています。

主な効果てんかん部分発作/二次性全般化発作

トピロールの特徴

  • 通常の抗てんかん薬では思うような効果が得られなかった方に対し、併用できる薬です。
  • 2歳以上の小児のてんかん治療としても有効性・安全性が確認されています。
  • 米国では、てんかんと片頭痛予防に保険承認を得ています。

てんかんは、脳の神経の電気信号が過剰に発射されることにより、けいれんや意識障害などの症状を引き起こす病気です。その発作型は大別して2種類あり、脳の一部から興奮が始まる「部分発作」と、脳全体で始まる「全般発作」の2つです。そして、異常波の発生部位や広がりにより、さまざまな病状を呈します。
トピロールの有効成分であるトピラマートは、他の抗てんかん薬と異なる作用機序をもつため、別の抗てんかん薬と併用することで、てんかん発作の抑制効果が高まります。実際の臨床試験においても、この薬を追加することで、発作頻度が30%以上減少することが確かめられています。
脳神経の興奮を鎮めるほか、てんかん発作のきっかけとなるAMPA/カイニン酸型グルタミン酸受容体の機能抑制作用があります。
成分の働きが他の抗てんかん薬と作用機序が異なるため、併用することにより効果的にてんかんの発作を抑えられる薬です。
また、成人だけでなく2歳以上の小児のてんかん治療として有効性・安全性が確認されています。

メデマートコラムてんかん関連記事

てんかんの原因と種類・間違えられやすい病気や対処法・治療法を解説


商品発送から到着までの目安

ご入金完了後、※1即日発送。お届けまで約10日~14日前後を予定しております。

※1 18時以降のご入金に関しては翌日午前中発送となります。


参考サイト

効果・詳細・飲み方・使い方・副作用・併用禁忌・使用上の注意のご説明には、販売国の商品説明書の他に、次のサイトを参考にしています。

【参考元:KEGG MEDICUS】医療用医薬品 :トピナ錠25mg

トピラマートの詳細を知りたい人はこちらへ

トピロールの飲み方・使い方

成人には、トピラマートとして1回量50mgを1日1回又は1日2回の服用で開始して下さい。
以後、1週間以上の間隔をあけて漸増(ぜんぞう)し、維持量として1日量200~400mgを2回に分割服用してください。
なお、症状により適宜増減しますが、1日最高投与量は600mgまでとします。

2歳以上の小児には、トピラマートとして1日量1mg/kgの服用で開始し、2週間以上の間隔をあけて1日量2mg/kgに増量して下さい。
以後、2週間以上の間隔をあけて1日量として2mg/kg以下ずつ漸増し、維持量として1日量6mg/kgを服用して下さい。
症状により適宜増減しますが、1日最高投与量は9mg/kg又は600mgのいずれか少ない投与量までとして下さい。
なお、いずれも1日2回に分割して服用して下さい。

※効果や副作用、服用方法に関しましては、一般的な情報を記載させて頂いております。メデマートでは、服用及び使用に関する一切の責任を負いかねます。ご了承下さい。

トピロールの副作用

主な副作用

・傾眠、体重減少、浮動性めまい、無食欲及び大食症候群等
・臨床検査値異常(γ-GTP増加、血中塩化物増加、血中重炭酸塩減少、血中リン減少)

重大な副作用

・続発性閉塞隅角緑内障及びそれに伴う急性近視、腎・尿路結石、代謝性アシドーシス、乏汗症及びそれに伴う高熱等
※その他異常を感じた場合、速やかに医師の診察を受けて下さい。

使用できない方

・成分トピラマートに過敏症(アレルギー)の既往歴がある方 ・妊婦・産婦

使用に注意が必要な方

・肝機能障害のある方
・自殺企図の既往及び自殺念慮を有するうつ病の方
・腎機能障害のある方
・閉塞隅角緑内障の方
・アシドーシスの素因を有する方又はアシドーシスを来しやすい治療を受けている方
・結石を生じやすい方
・血液透析施行中の腎機能障害の方
・クレアチニンクリアランスが70mL/分未満の方
・授乳婦
・新生児(低出生体重児を含む)
・乳児
・幼児・小児
・高齢者
・虚弱者(衰弱者を含む)

トピロールの併用禁忌・使用上の注意

併用注意薬

「肝代謝酵素(CYP3A4)誘導作用を有する薬剤」フェニトイン、カルバマゼピンなど
「中枢抑制薬」バルビツール酸誘導体など
「炭酸脱水酵素阻害剤」アセタゾラミドなど
「経口避妊薬」エチニルエストラジオールなど
「その他薬剤」リスペリドン・メトホルミン・ピオグリタゾン・アミトリプチリン・ジゴキシン・ヒドロクロロチアジド・リチウム

飲食物との相互作用

・セントジョーンズワート(セイヨウオトギリソウ)を含むもの

トピロールの保管方法

「湿気」「直射日光」を避け涼しい場所で保管をしてください。必ず小さなお子様やペットの手の届かないところに保管してください。

トピロールのレビュー

(1件のレビュー)

レビューのリニューアルについて

実際に商品を購入されたお客様のみ投稿可能とさせて頂いております。
2018年7月3日より以前に投稿のあったレビューの内容を一旦リセットさせて頂きました。
ログインして頂く事で、レビューの投稿が可能です。
過去にご購入した商品のレビュー(100文字以上)を投稿して頂いた場合、今なら300ポイントをプレゼントさせて頂いております。 皆様のご協力をお願い致します。

※誹謗中傷や悪質な投稿は表示することができませんので対象外とさせていただきます。

上に戻る
海外医薬品・サプリメントの個人輸入代行メデマート電話注文ボタン