中折れは軽度のED(勃起不全)です!中折れの原因と改善方法を解説

中折れは軽度のED(勃起不全)です!中折れの原因と改善方法を解説 ED治療薬(勃起不全)

はじめに

女性といい雰囲気で食事を終えた後ホテルに着いたらすることと言えば一つしかありませんよね。そんな時、まさか中折れしてしまうなんて誰が想像したでしょうか。
いざと言う場面で中折れしてしまい関係にひびが入ってしまった経験皆さんはお持ちではありませんか?実は中折れで悩んでいる人は意外と多く存在します。
男性にとって、性的機能障害は肉体的に、そして精神的に大きな傷を付けることになります。その中でも、中折れは多くの男性にとって深刻な問題であるとともに、自尊心やパートナーシップに大きな影響を与えます。しかし、幸いにも中折れは不治の病ではなく、適切なアプローチと治療によって改善できる場合があります。
まず、中折れについて正しく理解することから始めましょう。中折れは男性であれば誰にでも起こり得ることであり、どの年齢でも発生する可能性を秘めています。
しかし、中折れは改善方法や治療方法があり、多くの男性がこれを克服して健康な性生活を取り戻すことができています。
この記事では、中折れに関する正しい情報や改善方法、治療方法について掘り下げていきます。中折れに悩む多くの男性にとって、新たな希望と解決策を提供するこの記事をお楽しみいただき、あの頃の自信を取り戻しましょう。

中折れとは?

中折れとは実は勃起不全(ED)と呼ばれる症状の中の一つをさします。
勃起不全?いやいや勃起はしますよ。
ただ維持できないだけだからと主張する男性もいるかもしれません。
残念ですがそれも立派に中折れと呼ばれる症状です。
では中折れの症状をもう少し具体的に見ていきますと、中折れとは「男性が性的興奮を感じても、それに応じた硬直した勃起が適切に維持されない状態」を指します。
これはつまり、性行為の際に勃起はするので挿入はしたものの行為中に少しずつ萎えていき射精まで至らずにしぼんでしまうと言う状態をさしています。
この症状は、身体的な要因や心理的な要因に起因することがあり、性生活に対する信頼や自尊心に少なからず傷をつけることになるかもしれません。
中折れが起こった場合、まず最も重要なことは、パートナーとオープンで話し合うこと、そしてお互いの理解とサポートを得ることです。
また、専門家である医師に相談することもお勧めです。
医師は中折れの原因を特定し、適切な治療法を提供することができます。
薬物療法、心理療法、ライフスタイルの改善など、さまざまなアプローチがあります。
最も重要なことは、中折れを適切に管理し、性的な満足度を向上させる方法を見つけるために、恥ずかしがらずに専門家と協力することです。
性的な健康は重要な要素であり、その問題に真剣に向き合うことは、より満足度の高い性生活を実現する一歩となります。

勃起不全(ED)との関係性

そもそも勃起不全(ED)とはどの様な状態として定義されているか調べてみたことはありますか?
実は勃起不全とは「満足な性行為を行うのに十分な勃起が得られないか、もしくは維持できない状態が持続または再発すること」と定義されています。
難しく書かれていますが簡単に説明すると、勃起不全とは、男性が性的刺激に対して勃起できない、または勃起を維持できない状態をさし、その上で、満足な性交が行なえるだけの勃起が得られない状態はすべて勃起不全(ED)だと言っています。
この中には硬さが不十分であるとか、中折れ(陰茎が硬直した状態から性交中に硬直を維持できなくなる状態)であるとか、またはときどき性交できない場合も含まれています。
ゆえに中折れとは勃起不全(ED)の症状の一つであると言えるのです。
日本では1998年時点では勃起不全の患者数は1,130万人いると言われています。
その中には常に性交できない人が260万人、ときどき性交できない人は870万人と分けられます。
私たちはつねに勃起せず性交することができなければ自分は勃起不全(ED)なんだなと判断できますが、ときどき性交ができない場合だとか中折れしてしまった場合ではなかなか自分は勃起不全なんだと認めることはできません。
しかし必ずどこかの時点では決断をしなければなりません。
なぜならそのまま放置していると症状がどんどん悪化する恐れがあるからです。

性行為中に中折れしてしまったことのある割合は?

性行為中に中折れ(勃起不全)が起きることは、男性にとって非常にストレスで恥ずかしい状況です。
この現象は、誰にでも起こりうるものであり、その割合は個人によって異なりますが、統計的なデータによれば、40歳以上の男性の3人に1人が中折れ(勃起不全)を経験していると言われています。

40歳以上の男性の3人に1人が中折れ

【上記引用元:ED Q&A】

研究によれば、性行為中に中折れが起きる割合は年齢、健康状態、ストレス、恐怖心、そして個々の性的経験に大きく影響されることが分かっています。
以下は、中折れの発生率に影響を与える要因について詳しく解説します。

中折れの主な要因について

まず第一に年齢が関係しています。
年齢が上がるにつれて、中折れのリスクは高まります。若い男性は、通常、性的に活発で勃起に関する問題が少ないことが多いですが、年を取ると勃起機能に変化が生じることがあります。
続いて第二に健康状態です。
健康状態、例えば、糖尿病、高血圧、心臓病などの慢性的な疾患が中折れのリスクを増加させることがあります。その為健康的な生活習慣を維持することが重要です。
そして第三の要因としてストレスと不安があります。
仕事、家庭、経済的な問題など、ストレスと不安は性的機能に影響を及ぼすことがあります。リラックスし、ストレスを軽減する方法を見つけることが大切です。
第四の要因として性的経験が関係します。
性行為の経験が少ない場合、中折れのリスクが高まることがあります。自信を持つ為にも経験を積む必要があります。
最後に第五の要因として薬物とアルコールが上げられます。
過度のアルコール摂取や薬物の使用は、勃起に悪影響を及ぼします。適度な摂取に留意することが重要です。

中折れが一度起きたからといって、必ずしも深刻な問題であるとは限りません。
多くの場合、一時的なものであり、ストレスや不安の影響を受けることが多いようです。
しかし、慢性的な中折れの問題がある場合は、専門家のアドバイスを受けることが重要です。
最後に、中折れが起きても、自尊心をそこなわず、パートナーとのコミュニケーションを通じて共に問題を解決するようにしましょう。性的な問題は多くの人にとって共通のものであり、一人で悩まずにパートナーとよく会話する事が解決の糸口になります。

中折れの原因は?

中折れするには必ず何かしらの原因があるはずです。原因が分かれあば治療する事だって可能なはずです。まずはどんな原因があるのかを詳しく解説していきます。
主な原因として心理的要因、身体的要因、ライフスタイル要因、加齢があります。

中折れに影響する心理的要因とは?

心理的要因としてストレスや不安、緊張が上げられます。
ストレスは中折れの主な原因の一つです。日常生活のストレス、仕事、家庭、財政的な問題などが、性的パフォーマンスに影響を与えることがあります。ストレスが高まると、交感神経が優位になり、勃起の維持が難しくなります。また性的不安や緊張も中折れの原因となります。過去の失敗など性的な経験が不安やプレッシャーを伴う場合、勃起を維持するのが難しくなることがあります。過度な不安は、性的自信を低下させてしまいます。

中折れに影響する身体的要因とは?

身体的要因として慢性疾患や薬物が上げられます。慢性的な健康の問題、特に糖尿病、高血圧、心臓病などは、中折れの原因となる可能性があります。これらの疾患は血液の流れる量や神経の機能に影響を及ぼすことがあります。また一部の薬物、特に抗うつ薬、抗不安薬、高血圧治療薬、抗てんかん薬などは、性的機能に悪影響を及ぼすことがあります。

中折れに影響するライフスタイル要因とは?

ライフスタイル要因では喫煙とアルコール、運動不足と肥満が関与しています。喫煙は血管を収縮させ、血流を制限するため、中折れのリスクを高めることがあります。また、過度のアルコール摂取も性的機能に影響を及ぼすことがあります。さらに運動不足や肥満は、血流を悪化させ、中折れのリスクを増加させる要因となります。

中折れに影響する加齢の要因とは?

年齢による性行為中の中折れ(勃起不全)の割合は、40~44歳の男性で9%、45~49歳で12%、50~54歳で18%、55~59歳で29%、60歳で38%でした。 64歳までは54%、65歳から70歳までは54%と報告されています。

年齢による性行為中の中折れ(勃起不全)の割合は、40~44歳の男性で9%、45~49歳で12%、50~54歳で18%、55~59歳で29%、60歳で38%でした。 64歳までは54%、65歳から70歳までは54%

【上記引用元:NIH】

結果を見てもわかるように年齢が上がるにつれて中折れする人の割合も高くなっています。
原因として加齢による男性ホルモン(テストステロン)量の低下であったり、生活習慣病、運動不足、喫煙やストレスなどが考えられます。
男性ホルモンの分泌量は、20~30歳頃がピークで40歳以降は減少の一途をたどります。この男性ホルモンと呼ばれている「テストステロン」が男性の性的機能に大きく関与していることが分かっています。

男性ホルモンの影響とは?

男性ホルモンである「テストステロン」が減少することで性欲の減退であったり勃起不全(ED)等を引き起こす可能性があります。また、さらにテストステロン量の減少は男性更年期障害(LOH症候群)と呼ばれる症状を引き起こします。女性にも更年期障害はありますが、男性の更年期障害は身体的症状と精神的症状を伴います。
身体的症状であれば全身疲労感であったり、筋力の低下、骨密度の低下、睡眠障害、冷え性、多汗症などが、また精神的症状であれば、性欲の低下であったり気力の衰え、抑うつ、イライラ感、不安や集中力の低下などが見られるようになります。
男性更年期障害は、個人差が大きく、全ての男性が経験するわけではありません。
重要なのは、中折れが年齢に関連する自然な現象であることを理解し、適切な対策を取ることです。

中折れは多くの場合、心理的要因、身体的要因、またはライフスタイルや年齢などの要因が複合的に影響し合って発生します。
一時的な中折れは誰にでも起きることがあり、深刻な問題とは言えませんが、中折れが慢性化する場合は深刻な問題と言えます。絶対一人で悩むことのないようにしてください。

男性が思う原因

男性が思う原因には年齢やストレス以外ではお酒やたばこ、またマンネリ化で興奮しないなどが挙げ得られます。
え?何でたばこが原因に?と思われるかもしれませんね。
実はタバコも勃起が続かなくなる原因の一つなんです勃起不全で悩まされている80%以上の男性が日頃からタバコを吸っていると言う統計データもあります。

タバコが与える影響とは

タバコが与える要因を詳しく見ていくと、タバコに含まれるニコチンは、血管を収縮させる作用があります。
これにより、血液の流れが制限され、全身の血管に影響を与えます。
正常な勃起には十分な血流が陰茎に到達することが不可欠であるため、血管の収縮は勃起機能を阻害します。
また、タバコの喫煙は、動脈硬化(どうみゃくこうか)を進行させる可能性があります。
動脈硬化は血管の内壁にコレステロールの蓄積を引き起こし、血液の流れが阻害されることがあります。
陰茎(いんけい)の血管にもこの影響が及び、勃起の適切な機能が妨げられることがあります。

マンネリ化による影響とは

もう一つの原因として考えらえれていることは、パートナーと長く連れ添っていると、性行為はいつも同じ順序でマンネリ化してきます。
このマンネリ化は、性生活において同じパターンや行動が繰り返され、新鮮さや刺激が欠ける状態を指します。
これはカップル間の性生活において誰にでも起きる可能性があり、とくに時間が経つにつれて起こりやすくなります。
マンネリ化が続くと、性的興奮や満足度が低下し、関係に影響を及ぼすこともあります。
勃起は脳で性的な刺激を感じることが大前提になります。
脳で性的な刺激を受けると血液の流れが勃起に大きく影響するからです。
脳が興奮しなければEDでなくても勃起は起こりません。
原因が特定できれば対策を立てることもできるようになりますね。

食事による影響

食事と飲酒は男性の性器に大きな影響を与える要因となります。
食事がどの様に影響するのでしょうか?
まず基本的なことですが精子を生成するのはビタミン、ミネラル、タンパク質です。
つまり、栄養バランスの取れた食生活を心がけることで、精子の生成能力もあがり、精力が高まります。
また一方で、食事が高脂肪、高塩分、高コレステロールであると、動脈硬化が進行し、血管の健康が損なわれる可能性が高まります。
これにより、陰茎に血液が適切に供給されなくなり、勃起不全が発生するリスクが高まります。
また高カロリーの食事や過剰な食事摂取は肥満を引き起こす可能性があります。
肥満はインスリン抵抗性を増加させ、糖尿病のリスクを高めることがあり、これは勃起不全の原因として関与する可能性があります。
さらに、高糖分の食事は糖尿病のリスクを高めることがあります。
糖尿病は血管や神経に損傷を与え、勃起不全を引き起こす可能性があります。
これらの結果からいかに食生活が重要なのかと言う事が分かりましたね。

飲酒による影響

また飲酒についてはご存じかも知れませんがお酒は神経伝達を鈍らせ、勃起の信号を鈍くしてしまいます。
過度なアルコール摂取は勃起不全の原因となります。
アルコールは中枢神経系を抑制し、早漏や性的興奮の低下を引き起こし、ついには勃起の能力を低下させてしまいます。
結果としてやる気があるのに勃起しない、また挿入したが途中からしぼんでゆくなどの症状につながるわけです。
少量の飲酒は緊張を緩和しスムーズな勃起を促すためある程度は許容されています。
過度の飲酒を避けることが大切なことなのです。
しかしどの程度からが飲みすぎになるのかは個人差がある為一概には言えません。
自分自身で気を付けなければなりませんね。

中折れ改善方法

中折れは多くの男性にとって深刻な問題ですよね。
治療法や改善法はあるのでしょうか?まずは原因を究明する事が必要です。
その上で中折れを改善するための方法を検討していきましょう。

生活習慣の見直し

まず必要なことは生活習慣の改善です。
適度な運動は血行を改善し、性的機能にプラスの影響を与えます。
特に有酸素運動や骨盤底筋のエクササイズが勃起の質を向上させるのに役立ちます。
そしてバランスの取れた食事を摂る事。食事管理は心血管の健康をサポートし、中折れのリスクを軽減します。
また肥満は中折れのリスクを増加させる要因の一つです。
適正な体重を維持することが大切です。
さらに、十分な睡眠をとることも必要です。
睡眠不足はホルモンバランスに影響を与え、中折れのリスクを高めることがあります。

ストレスのない生活

次に必要なことはストレスの管理です。
ストレスや不安は中折れを引き起こすことがあります。
リラクゼーションテクニック、深呼吸、瞑想などのストレス管理法を試して、心身のリラックスを促しましょう。
まずは自分で出来ることは試してみてそれでもダメな場合に病院受診を考えるようにしたら良いでしょう。

サプリメントを取るなら何が良い?

勃起不全や中折れの症状が気になる場合、サプリメントを検討することは一つのアプローチとして有効です。
ただし、サプリメントを選ぶ際には注意が必要であり、医師又は薬剤師の指導のもとで使用することが必要です。

精子の栄養素となる成分と主な食材を解説します。

  • 「亜鉛」:豚レバー、牡蠣、牛ひき肉、ホヤ、卵黄など
  • 「アルギニン」:肉類、大豆類、マグロ、エビ、鰹節など
  • 「アリシン」:ネギ、にんにく、ニラなど
  • 「セレン」:マグロ、たらこ、ぶり、カレイなど
  • 「ビタミンC」:パセリ、パプリカ、ゴーヤ、ピーマンなど
  • 「ビタミンE」:オリーブオイル、アーモンド、アボカド、うなぎ、いくらなど
  • 「ビタミンB9(葉酸)」:パセリ、海苔、枝豆、レバー、マンゴーなど
  • 「シトルリン」:スイカ、メロンなど

出来るだけバランスの取れた食生活で精子の生成を促進する事が大切です。
サプリメントの錠剤としても亜鉛など販売されておりますので積極的に使用してみても良いでしょう。

ここでお勧めのサプリメントを5点を紹介します。
1) 「スペマン」:男性のホルモン『テストステロン成分』を活発にさせる事で『精子増量』『精子の質向上』につながります。

<関連商品>

商品名 スペマン
画像 スペマン
一般名 ハッショウマメ・ゴクシュラなど
価格 1錠あたり30円
メーカー ヒマラヤハーバルズ
購入ページ

2) 「スタミナイズRX」:勃起力や持続力を高める、性的な興奮を高めるなど、ナイトライフを充実させる要素が凝縮されています。

商品名 スタミナイズRX
画像 スタミナイズRX
一般名 アシュワガンダやムイラプアマなど計20種類
価格 1錠あたり66円
メーカー Sapphire Healthcare(サファイアヘルスケア)
購入ページ

3) 「VP-MAXプラス」:陰茎増大に効果的な成分を高濃度で配合したサプリメントです。

商品名 VP-MAXプラス
画像 VP-MAXプラス
一般名 ・シトルリン・ダミアナ・ムイラプアマ・アルギニン・亜鉛
・トンカットアリ・マカ・トゲドコロ・フェニルアラニンなど
価格 1錠あたり140円
メーカー アイファイブ
購入ページ

4) 「ゴクシュラ」:性機能・精力・性欲、スタミナ増強、精子増量の改善などに効果があります。

商品名 ゴクシュラ
画像 ゴクシュラ
一般名 ハマビシ
価格 1錠あたり30円
メーカー ヒマラヤハーバルズ社
購入ページ

5) 「セメナックス」:精液量の向上と性的快感を向上させる効果が期待できるサプリメントです。精液の質も良くなる作用のある栄養素が多く含まれており、男性のオーガズムをより強く性交を更に楽しみたいという方の為に開発された商品です。

商品名 セメナックス
画像 セメナックス
一般名 ビタミンE(酢酸トコフェロールとして)・亜鉛アスパラギン酸(亜鉛20%)・ソフォン・L-カルニチン・マカ・マツ樹皮エキス・L-アルギニン塩酸塩・L-リジン・カツアバ ・ホザキイカリソウ・ムイラプアマ・サンザシ・クランベリーエキス・ハマビシ・エンバクエキス・サルサ・スウェディッシュフラワー・カボチャ
価格 1錠あたり52円
メーカー Leading Edge Health
購入ページ

病院受診は必要か?

中折れについて悩んでいる場合、病院受診が必要かどうかは個々の状況によります。
ではどのような状況下で何科を受診すればよいかを見ていきましょう。
まず、中折れが一時的なものではなく、毎回挿入するたびに生じる場合には病院受診が必要と判断できます。
その際に行くべき受診科は通常「泌尿器科」になります。
内科でも診てもらうことはできますができれば専門医への診断を仰ぐようにしましょう。
また原因が心臓血管系の問題や糖尿病、高血圧、肥満などが原因である場合には迷わず「内科」を受診しましょう。
まずは現疾患を治療する事が症状改善の第一歩です。
そして中折れの原因がストレスや不安、抑うつなどの心理的な要因によるものの場合は精神科や心療内科を受診するようにしましょう。
この様に同じ「中折れ」の症状であっても原因が異なれば治療のアプローチも異なってきます。
もし仮に何が原因で中折れが生じているか分からない時はまずは内科を受診しそこから専門医を紹介してもらうようにしましょう。
今やいろいろな治療薬が発売されています。早期に治療を開始する事で慢性化することなく症状を改善する事ができます。

お勧めの治療薬5選

ここではお勧めの治療薬5選を紹介いたします。
バイアグラ:有効成分シルデナフィルが勃起を促進しEDを改善する作用があります。

商品名 バイアグラ【VIAGRA】
画像 バイアグラ
一般名 シルデナフィルクエン酸塩
価格 1錠あたり1,350円
メーカー Pfizer(ファイザー)
購入ページ

2) シアリス:世界で3番目のED治療薬で、有効成分タダラフィルが勃起を促進しEDを改善する作用があります。

商品名 シアリス【Cialis】
画像 シアリス
一般名 タダラフィル
価格 1錠あたり1,612円
メーカー Eli Lilly(イーライリリー)
購入ページ

3) バリフ:レビトラと同成分バルデナフィルが勃起を促進しEDを改善する作用があります。

商品名 バリフ
画像 バリフ
一般名 バルデナフィル塩酸塩水和物
価格 1錠あたり234円
メーカー Ajanta Pharma(アジャンタファーマ)
購入ページ

4) ポゼット:有効成分ダポキセチンがセロトニンの分泌を促し、早漏を改善する作用があります。

商品名 ポゼット
画像 ポゼット画像
一般名 ダポキセチン
価格 1錠あたり176円
メーカー Sunrise Remedies(サンライズレメディーズ)
購入ページ

5) スーパーレビスマ:有効成分バルデナフィルが勃起を促進し、有効成分ダポキセチンがセロトニンの分泌を促することで、EDと早漏を改善する作用があります。

商品名 スーパーレビスマ
画像 スーパーレビスマ
一般名 バルデナフィル・ダポキセチン
価格 1錠あたり500円
メーカー Asle pharmaceuticals(アスレ)
購入ページ

中折れに対する女性の印象は?

男性にとって中折れした時の女性の心境はとても気になるものですよね。
男性目線では、がっかりさせてしまうとか情けない、嫌われるなど相手に対して不満を感じさせてしまうことを恐れます。
しかし、実際には女性は男性の中折れにたいする気持ちは様々です。「自分に魅力がないのかもしれない」とか「自分の事を本当に好きじゃないのかも?」などのように自分を責めてショックを受ける女性もいることでしょう。または「男性が自身を無くさないか心配」とか「そういう日もあるよね」などの様に男性の事を気遣う女性もいます。中には「正直情けない」などの様に相手を批判する声もあるかもしれません。
パートナーを大切にするためにもまずはしっかりと愛情を言葉で伝えてあげるようにしましょう。女性も同じように大きなショックを受けているかもしれません。決して自分だけを責めずに相手のことを思い、素直な気持ちを伝えると良いでしょう。
そして気を付けなければいけないことは若い女性ほど「自分に魅力がないのでは」と自分を責めてしまう傾向が強いようです。お互い良好な関係を築くためにもコミュニケーションをとることが非常に大切になります。パートナーシップを深め、問題を共に乗り越えようとする姿勢が大切です。

女性が男性に希望する対策

中折れした場合、初めてであれば自分の事で精一杯かもしれません。悔しい気持ちと悲しい気持ちと恐怖心とが混ざり合った複雑な心境で女性の気持ちを汲むことは非常に難しいのではないでしょうか。それでもパートナーである女性の気持ちを聞いてみましょう。歩み寄って一緒にどうするか、どうしたいかを話し合うことはとても大切なことです。中折れをあまり気にしないので特に対策は必要ないと答える女性や、禁酒、禁煙、寝不足解消、食の改善など生活習慣を見直してほしいと考える女性、もしくは定期的な運動をして欲しいと言う女性もいることでしょう。男性の考え方と女性の考え方は違うことの方が多いです。中折れしてしまった男性の精神的ダメージは計り知れません。精神的に参ってしまい次の行為に恐怖心を覚える人も中にはいることでしょう。そういった人の為にサプリメントやED治療薬が存在します。これらは自分の為であると同時に相手の為でもあることを忘れないでください。幸せで充実した性生活を送る為にも手段の一つとして覚えておくと良いでしょう。

Q&A

まとめ

中折れのまとめ

中折れの原因

  • 年齢
  • 健康状態
  • ストレスや不安

中折れの治療方法

  • 生活習慣の見直し
  • ストレスのない生活
  • ED治療薬の服用
  • EDサプリメントの服用

いかがでしたでしょうか。
中折れは男性が性交中に勃起が途中で弱まる又は完全に失われる現象であること、また医学的には勃起不全(ED)の一部として扱われることを理解できたでしょうか。
中折れの主な原因には心因性要因、身体的要因、ライフスタイル要因、薬物・アルコールなどさまざまな要因が複雑に絡み合っていることを解説しました。
改善方法としてライフスタイルの改善やストレスの管理、心理療法などが一般的であることをしめしています。まずは改善方法を試してみましょう。
驚くほどの効果が見られる場合があります。
一方でそれでもダメな場合には薬物療法を試します。大切なことはしっかりと原因を突き止めてそれに合った治療方法を行うことです。
中折れは個々によって異なる原因や重症度があり、一般的な改善方法や治療方法が全ての人に適しているわけではありません。
中折れに悩んでいる場合、まずはパートナーと心を開いて会話をしコミュニケーションをとることが良い性生活を送ることにつながります。
お互いに協力し合って乗り越えることでよい関係を築けるようになることでしょう。

タイトルとURLをコピーしました