喘息とは?辛い喘息の治療法や原因を解説│メデマートコラム

喘息とは?辛い喘息の治療法や原因を解説│メデマートコラム 気管支喘息

喘息とは?

喘息とは?画像喘息(ぜんそく)は、呼吸器系の慢性的な疾患で、気道の炎症と収縮によって、呼吸が困難になる病気です。 春や秋に発作が悪化する傾向があり、これからの季節5月から7月、10月、11月などが若干多くなると言われています。 喘息の症状には、呼吸困難、胸の圧迫感、息切れ、咳、喘鳴音などがあります。喘息の原因は、遺伝的な要因や環境要因などが関与しています。 治療には、気管支拡張剤やステロイドなどの薬物療法、呼吸リハビリテーション、アレルギー対策などがあります。 しかし、喘息は完治する病気ではなく、適切な治療や予防策を継続的に行うことが大切です。

喘息の主な症状

喘息症状画像
呼吸困難 息苦しさ、呼吸が浅い、息切れなどが現れます。
特に夜間や早朝に咳が出ることが多く、長期間続くことがあります。 しゃがれ声やのどのイガイガ感:気管支の炎症によって、声がかすれたり、のどに違和感を感じたりすることがあります。
胸の締め付け感 胸の中で息が詰まるような感覚があることがあります。
くしゃみや鼻水 喘息がアレルギー性の場合、くしゃみや鼻水を伴うことがあります。 これらの症状は、喘息の発作時に特に現れやすく、症状の程度は患者によって異なります。また、症状が重くなると、口唇が青くなったり、言葉がかすれたり、痰が増えたりすることがあります。

喘息発作が起こる原因

喘息発作が起こる原因画像喘息発作が起こる原因は、個人差がありますが、以下のようなものがあります。
アレルギー物質 花粉、ダニ、カビなどのアレルゲンが、気管支の炎症を引き起こすことがあります。
環境 寒い空気、乾燥した空気、大気汚染などが、気管支の炎症を引き起こすことがあります。
感染症 風邪やインフルエンザなどの呼吸器感染症が、喘息発作を引き起こすことがあります。
運動 激しい運動が、気管支を刺激して喘息発作を引き起こすことがあります。
ストレス ストレスが喘息発作を引き起こすことがあります。
特定の薬物やタバコ アスピリンやNSAIDsなどの特定の薬物が、喘息発作を引き起こすことがあります。

喘息の種類

喘息の種類画像喘息には、以下のような種類があります。

1.アレルギー性喘息

アレルギー性喘息とは、アレルゲン(花粉、ダニ、ペットの毛などの物質)に対して過剰な免疫反応が起こることにより、気管支が収縮し、気道が狭くなり、呼吸が困難になる病気です。 アレルゲンに触れたり、吸い込んだりすることで、気道の免疫細胞が刺激を受けて炎症が起こり、気道が収縮し、分泌物が増えて、呼吸がしにくくなります。このような症状は、アレルギー性喘息の特徴であり、喘息の発作として現れます。 アレルギー性喘息は、他の種類の喘息と比べて、アレルギー症状(鼻水、くしゃみ、目のかゆみなど)や、家族歴が強く関連していることがあります。 治療の方法としては、アレルゲン回避やアレルギー免疫療法のほか、吸入ステロイド薬や気管支拡張薬などを用いた治療が行われます。

2.非アレルギー性喘息

非アレルギー性喘息とは、アレルギー反応によらず、環境要因やストレスなどの影響によって発生する喘息のことです。 非アレルギー性喘息は、アレルギー性喘息と同様に、気管支の炎症、収縮、分泌物の増加によって、呼吸困難や息切れなどの症状を引き起こします。 非アレルギー性喘息の原因は複数あり、例えば、感染症や空気汚染、冷たい空気や乾燥した空気などの環境要因、ストレスや運動、喫煙、医薬品の副作用などが挙げられます。

3.運動誘発性喘息

運動誘発性喘息とは、運動によって引き起こされる喘息のことです。 運動後5~10分以内に発作が起こり、呼吸がしにくくなったり、咳き込んだりする症状が現れます。 運動誘発性喘息は、総合的な治療が必要です。 運動誘発性喘息は、運動中の深い呼吸によって、乾燥した空気が気道に刺激を与え、気道が収縮することが原因とされています。 また、寒冷空気や汚染された空気にさらされた場合、症状が悪化することがあります。

4.誘発性喘息

誘発性喘息とは、特定の刺激物質によって発作を引き起こす喘息のことです。 刺激物質には、アレルゲンや非アレルゲンなどがあります。例えば、アレルギー性喘息では、花粉、ダニ、ペットの毛などがアレルゲンとして挙げられます。 誘発性喘息の症状には、呼吸が苦しくなる、息切れ、咳き込み、胸の圧迫感などがあります。 症状は、刺激物質が直接気道に作用するため、発作が起こった後も持続することがあります。

5.喘息症状の程度

間欠性喘息(軽度の喘息):症状が発作的に現れ、期間も短く、日常生活には支障をきたさない場合が多い。 持続性喘息:症状が日常的に現れ、継続的に治療が必要となる場合が多い。持続性喘息は、以下の4つに分類されます。 軽度持続性喘息:症状が日常的に現れ、軽度で、日常生活には支障をきたさない場合が多い。 中等度持続性喘息:症状が日常的に現れ、中程度で、日常生活に一定の支障をきたす場合がある。 重度持続性喘息:症状が日常的に現れ、重篤で、日常生活に大きな支障をきたす場合がある。 不安定持続性喘息:症状が一定しない場合がある。

喘息の治療法

喘息の治療法画像

1.気管支拡張剤の使用

気管支拡張剤は、気管支の筋肉を弛緩させて気管支を拡張させ、呼吸をスムーズにする薬剤のことを指します。 喘息発作の治療や予防、COPD(慢性閉塞性肺疾患)の治療に使用されます。 気管支拡張剤には、以下の2種類があります。

β2刺激薬

β2受容体に作用し、気管支の平滑筋を弛緩させ、気管支を拡張させる作用があります。 急性喘息発作の治療や予防に使用されます。 主に吸入剤が使用されますが、注射剤もあります。

抗コリン薬

アセチルコリン受容体に作用して気管支の平滑筋を収縮させる作用を抑え、気管支を拡張させる作用があります。 COPDの治療に使用されます。 主に吸入剤が使用されますが、錠剤や注射剤もあります。

2.ステロイドの使用

喘息のステロイド治療には、吸入ステロイド薬が一般的に使用されます。 吸入ステロイド薬は、気道の炎症を抑え、喘息の症状を改善することができます。 また、吸入ステロイド薬は、副作用が少なく、長期的に使用しても安全であるとされています。

フルチカゾン

強い抗炎症作用を持ち、喘息の症状を改善する効果があります。 吸入ステロイド薬の中でも、高い効果が期待される薬剤です。

ベクロメタゾン

中程度の強さの抗炎症作用を持ち、喘息の症状を改善する効果があります。

フルニソン

吸入ステロイド薬の中で最も弱い効果を持ち、軽度の喘息の治療に使用されます。 一方、喘息の経口ステロイド治療は、喘息の症状が重度である場合や、吸入ステロイド薬の使用による改善が見られない場合に使用されることがあります。 主に、プレドニゾロンやメチルプレドニゾロンなどが使用されます。 短期間の使用であれば、副作用はほとんどないとされていますが、長期使用によって、高血圧、糖尿病、骨粗鬆症などの副作用が現れる可能性があります。

3.レスキュー吸入器の使用

レスキュー吸入器とは、喘息の急性発作時に使用する吸入器のことです。 主に、短時間作用型β2刺激薬が含まれています。 短時間作用型β2刺激薬は、気管支の平滑筋を弛緩させ、気管支を広げる作用があります。 急性の喘息発作時には、この薬剤を吸入することで、気管支の収縮を抑え、呼吸を楽にすることができます。 レスキュー吸入器は、発作時に必要な場合に限り使用されます。長期的な喘息の管理には、吸入ステロイド薬や長時間作用型β2刺激薬などの薬剤が使用されます。

4.抗炎症薬の使用

喘息の原因となる炎症を抑えるために、抗炎症薬を使用することがあります。 喘息治療に用いられる主な抗炎症薬には、ステロイド系薬剤があります。 ステロイド系薬剤は、気道の炎症を抑えることで、気道の狭窄を改善します。 また、ステロイド系薬剤は、気道の過剰な分泌物の排出を抑える作用もあります。

5.酸素療法の使用

喘息の場合、酸素療法は通常は行われません。 喘息の症状は、気道の炎症によるものがほとんどであり、酸素不足によるものではないためです。 ただし、喘息の発作が重症化し、呼吸困難や低酸素血症を引き起こす場合には、酸素療法が必要になることがあります。 この場合には、吸入酸素療法が行われることがあります。 吸入酸素療法では、酸素を吸入器具を通して気道に送り込みます。 この方法で酸素を供給することで、呼吸困難や低酸素血症を改善することができます。

6.呼吸リハビリテーションの実施

呼吸筋力を向上させるための運動や、呼吸法の指導を受けることで、呼吸がしやすくなるようにすることができます。

7.予防措置の取り組み:

アレルゲンや刺激物質を避けたり、免疫力を高めるための生活習慣改善を行うことで、喘息の症状を予防することができます。

喘息の治療薬

喘息の治療薬画像

1.気管支拡張薬

気管支の筋肉を緩め、気管支を広げる作用がある薬剤です。短時間作用型と長時間作用型があり、喘息発作の緊急時には短時間作用型が使用されます。主な気管支拡張薬として、β2刺激薬があります。

気管支拡張薬関連商品

商品名 アスタリン アスタリンインヘラー
画像 アスタリン商品画像 アスタリンインヘラー<br />商品画像
一般名 サルブタモール硫酸塩 サルブタモール硫酸塩
価格 1錠あたり24円~ 1カップあたり6円~
メーカー Cipla Limited(シプラ)社 Cipla Limited(シプラ)社
購入ページ

2.ステロイド剤

気道の炎症を抑える作用があり、喘息の症状を緩和することができます。吸入ステロイド剤と経口ステロイド剤があり、吸入ステロイド剤が日常的な治療に用いられることが多いです。

3.コンビネーション薬

気管支拡張薬とステロイド剤を合わせた薬剤で、気道の炎症を抑えながら気管支を広げる作用があるため、喘息の治療に用いられることがあります。

4.抗アレルギー薬

アレルギー性喘息の治療に用いられる薬剤で、アレルゲンに反応して炎症を起こす免疫反応を抑制する作用があります。

5.その他の薬剤

吸入酸素、抗生物質、抗炎症薬などが、喘息の治療に用いられることがあります。

喘息まとめ

喘息まとめ

  • 喘息(ぜんそく)は、呼吸器系の炎症により、気道が狭くなってしまい呼吸がしにくくなる病気です。
  • 呼吸困難や咳、胸の圧迫感、くしゃみなどが挙げられ慢性的に起こることがあります。
  • 症状が出てしまうと非常に辛く生活にも支障が出てきてしまうため、うまく管理することが必要です。
  • 炎症を抑える薬や気道を広げる薬などを有効活用し、適切な治療を心がけて生活の質を高めるようにしましょう。
タイトルとURLをコピーしました