トー横で流行の「オーバードーズ」とは?症状や危険性について詳しく解説!

トー横で流行の「オーバードーズ」とは?症状や危険性について詳しく解説! 薬・漢方薬・市販薬

オーバードーズ(過剰摂取)とは

オーバードーズ(過剰摂取)とはオーバードーズ(過剰摂取)とは、薬を決められた用量以上に過剰に摂取することです。「over dose」を略して「OD」と呼ばれる場合もあります。 今「トー横」を中心に若い人たちの間でオーバードーズの急速な拡大が社会問題となっています。 医薬品は、国の承認を得て目安となる使用量が決められていますが、個人の判断で過剰に服用すると、徐々に薬物に依存していき、薬物なしではいられない身体になっていきます。また、最悪の場合、呼吸困難や心臓停止を引き起こす場合があります。 病院で処方される薬だけではなく、一般的にドラックストアで販売している「風邪薬」や「睡眠導入剤」でも、過剰に摂取すると呼吸困難や心肺停止などの症状を引き起こすため注意が必要です。
【参考元:NHK健康ch 図:全国精神か医療し施設における薬物関連精神疾患の実態調査より】

オーバードーズ(過剰摂取)による主な症状

オーバードーズでは、使用した薬にもよりますがさまざまな症状が出てきます。例えば、昏睡状態やけいれん発作、呼吸困難や心肺停止などです。市販薬の中でも「コデイン」を含む「ブロン」という薬剤はオーバードーズに使用される頻度が高い薬剤となっています。

※薬剤を過剰摂取した時に出現する主な症状

薬剤の種類 代表的な市販薬 主な症状
咳止め薬 (コデイン系) 「ブロン」 「メジコン」 ・立ち眩みやめまい ・けいれん発作 ・吐き気や嘔吐 ・便秘 ・心肺停止 ・呼吸困難
睡眠導入剤 「ドリエル」 ・昏睡状態 ・けいれん発作 ・錯乱状態 ・心肺停止 ・呼吸困難

オーバードーズ(過剰摂取)に使用されやすい成分

オーバードーズ(過剰摂取)に使用されやすい成分現在「トー横」を若い方のオーバードーズでは、簡単に手に入りやすい「市販薬」を使用するケースが増えています。 以下のような乱用の恐れがある成分が含まれる薬が特に使用されやすい傾向にあります。 市販薬(咳止め薬、睡眠導入剤、解熱鎮痛薬)には以下の成分が少しずつ含まれているケースが多いため、市販薬を購入する際には今一度乱用の恐れがある成分が含まれていないか注意が必要です。 例えば、ジヒドロコデインは市販薬に多く含まれている成分で、大量に服用することで多幸感を得ることができます。また、ジフェンヒドラミンは、気分の安定や不安を取り除く効果があります。

乱用等のおそれのある医薬品成分

  • エフェドリン
  • コデイン
  • ジヒドロコデイン
  • ブロモバレリル尿素
  • プソイドエフェドリン
  • メチルエフェドリン

オーバードーズ(過剰摂取)の背景

オーバードーズ(過剰摂取)の背景オーバードーズの原因は、家庭や学校などで感じるストレスが大きいとされています。 辛い気持ちを友人や家族に話すことができず、薬の服用に頼ってしまうのです。そのため、オーバードーズは比較的真面目に見える女性で多い傾向があります。 また、オーバードーズの原因は個人によって異なり、「親との関係性の悪化」「学校での孤立」「勉強についていけない」など画一的な方法では解決が難しいことが特徴として挙げられます。 1人1人に寄り添った方法で、解決をしていく必要があります。

オーバードーズ(過剰摂取)の問題点と危険性

オーバードーズ(過剰摂取)の問題点と危険性オーバードーズに使用される市販薬には、過剰に摂取すると麻薬のような多幸感や幻覚をもたらすものもあります。 その気持ち良さが癖になり、どんどん薬物の量が増えていき、薬物なしではいられない身体となっていきます。 一度依存症になると、薬を服用しなかった時に吐き気やけいれん、幻覚といった「退薬症状」が起こり、やめにくくなります。 このように薬物の服用を繰り返す悪循環に陥り、最悪の場合、心肺停止を引き起こし死に至ることがあります。

オーバードーズ(過剰摂取)の治療方法

応急処置が必要な場合

オーバードーズでけいれん発作や昏睡状態に陥っている場合は、すぐに病院で治療を実施します。基本的には胃の洗浄を実施し、水を飲ませて体の中にある薬物を吐き出し、除去します。

応急処置後

応急処置を実施し、急性の症状がおさまり、様態が安定したら精神科にみてもらうケースが多いです。精神科で、日々の悩みや、辛い気持ちを吐き出しながら少しずつ薬物依存の症状を改善していきます。

厚生労働省による市販薬の販売規制について

厚生労働省は、昨今のオーバードーズ急増を受けて、2023年12月に「乱用の恐れがある咳止め薬や風邪薬などの販売規制を強化する」方針を発表しました。 20歳未満には、市販薬を複数個販売することは認めず、大容量の製品販売も規制されます。加えて、対面での販売(場所によっては音声や映像の可能性もあり)が原則必要となり、年齢や名前の確認も必須となります。 現状の案では、コデインなどの6つの成分を含む市販薬が規制対象となる予定です。
【参考元:時事通信ニュース 市販薬の販売規制強化=20歳未満は「小容量1個」―オーバードーズ対策・厚労省】

まわりの人がオーバードーズを防ぐ工夫を

オーバードーズをしてしまう若い子には、「学校が楽しくない」「家族との関係が悪い」といった辛い思いを一人で抱え込んでいるケースが多い傾向にあります。 周りの子がいつもと違う様子だったり、薬を過剰に摂取しているような兆候が見えた場合には、早めに声をかけてあげることが大切です。 現在、オーバードーズに悩む人やそのご家族のための相談窓口が各市町村に数多く設置されています。不安な気持ちを抱えている方は、最悪の事態が起こる前に、以下の機関に相談してみるのもよいでしょう。

オーバードーズに関するよくある質問

最後に

現在、「トー横」を中心に若い方でのオーバードーズが蔓延しています。しかし、オーバードーズ(過剰摂取)は、依存症を引き起こすだけではなく最悪の場合心肺停止や呼吸困難が出現し、死に至る場合もあります。 医薬品の適正使用を守らない行為は、法律違反です。周りの方に迷惑をかけないよう、オーバードーズは行わないようにしましょう。 また、友人や家族でオーバードーズをしようとしている人がいたら、話を聞き、とめてあげることがその方のためにもなります。
出典 【参考元:東京ドクターズ 社会現象化しているオーバードーズとは?】【参考元:東京都保健医療局 市販薬のオーバードーズ(過剰摂取)について】 【参考元:※1 濫用等のおそれのある市販薬の適正使用について】
タイトルとURLをコピーしました