パスワードを忘れた方は:
こちらからお問合せ下さい





お電話にて注文も承ります
日本語電話対応
ご注文以外のお問い合わせに関しましては、下記よりお問い合わせ下さい。
商品の効果・副作用につきましては、薬事法の関係でお答え出来ません。予めご了承下さい。
その他お問合わせはこちら



FAXにて注文も承ります
上記よりFAX注文用紙を印刷してください。FAX注文方法も記載しております。


メール注文も24時間可能です。
下記のボタンを押してメールを起動し、購入したい商品を送信して下さい。
届いたメールを確認次第、当サイトスタッフよりメールを返信させて頂きます。


ご案内した追跡番号で配送状況を検索できます。


※発行から反映まで数日かかる場合が御座います。


2018-01-15
1/16日に実施するシステムメンテナンスのお知らせ

2017-12-28
年末年始の営業時間について

2017-12-03
年末年始のポイントキャンペーン!

2017-11-28
一部医薬品の個人輸入規制のご案内(インデラル、ラシックス、ストラテラ等)

2017-11-03
日頃の感謝を込めて500ポイント贈呈!期間延長!!

2017-10-05
日頃の感謝を込めて500ポイント贈呈!

2017-06-20
クレジット決済一時利用停止について

2017-06-04
VISAカードのご利用について

2017-04-12
コンビニで購入可能なビットキャッシュ決済を導入致しました。

2017-03-22
個人輸入代行の再開につきまして

2017-01-01
海外薬店は年末年始も休まず通常営業しております。

2016-11-01
SSLを導入致しました

2016-10-14
VISAクレジットカードの復旧完了のお知らせ

2016-10-12
VISAクレジットカードの接続障害につきまして

2016-09-15
重要※エチゾラム・ゾピクロン含有関連商品について

2016-09-08
9/8 11時よりサーバーメンテナンスになります

2016-08-26
※最重要※海外薬店からお客様へ送るメールが届かない場合が有ります

2016-08-24
抗うつ剤(精神安定剤)デパスを再入荷いたしました!

2016-08-23
重要※エチゾラム・ゾピクロン含有関連商品について

2016-08-17
人気の多汗症治療薬プロバンサインを再入荷いたしました!

2016-08-17
タダシップキャンペーン商品追加!

2016-07-23
プロバンサインの在庫が残り僅か

2016-07-12
プロバンサイン再入荷いたしました!

2016-06-17
公式ブログ始めました!

2016-06-09
一足早く夏のカマグラキャンペーン!







正規品保証・確実配送の通販は海外薬店

エビリファイ【Asprito】

評価: ★★★★★クチコミ1
エビリファイ【Asprito】通販
◆エビリファイ【Asprito】

エビリファイ(Asprito)は新薬「エビリファイ」のジェネリック医薬品で統合失調症の治療に使用されるお薬です。
主成分「アリピプラゾール」は統合失調症にみられる症状である「幻覚」や「妄想」と言った症状に対して効果を発揮するお薬で、その他にも様々な精神疾患にも用いられることのある抗精神病薬です。


◆ブランド:トレントファーマ
◆エビリファイ【Asprito】有効成分
アリピプラゾール15mg
効果・詳細情報使い方副作用使用上の注意
内容量定価【1錠あたり】販売価格【1錠あたり】数量購入
15mg × 100錠¥5,500 ¥55- ¥4,980 【¥49-】
▼ご注文・お問い合わせはこちら▼

海外薬店通販電話注文

通販の海外薬店

エビリファイ【Asprito】の効果・詳細

【商品詳細】
エビリファイ(Asprito)は新薬「エビリファイ」のジェネリック医薬品で統合失調症の治療に使用されるお薬です。
主成分「アリピプラゾール」は統合失調症にみられる症状である「幻覚」や「妄想」と言った症状に対して効果を発揮するお薬で、その他にも様々な精神疾患にも用いられることのある抗精神病薬です。

【エビリファイ(Asprito)の効果・効能】
エビリファイ(Asprito)は、気持ちの興奮や不安を鎮め、心の活動を改善するお薬です。
統合失調症にみられる幻覚や妄想などの症状に使用されます。
本来の適応症である統合失調症の治療だけではなく、様々な精神症状に使用されることがあります。
主な適応疾患は、統合失調症、双極性障害(躁症状の改善)、うつ病、うつ状態などの治療に投与されます。

【エビリファイ(Asprito)とは】
エビリファイ(Asprito)は、主に統合失調症の治療に使用されるお薬で、2006年に販売が開始されたエビリファイの後発薬(ジェネリック医薬品)です。
主成分アリピプラゾールは、今までの抗精神病薬とは全く違った作用機序を持っています。
統合失調症は、脳内のドーパミンが異常なほどに分泌されてしまうのが原因だといわれており、改善するためにはドーパミンの分泌を抑制すれば症状がおさまるはずといった考えでした。
エビリファイが発売されるまでの抗精神病薬は、全てのドーパミンを遮断してしまうのが主な作用でしたが、全て遮断してしまうとパーキンソン病のような副作用(手の震えや表情の強張り、歩行困難など)が現れてしまうことが問題でした。
この副作用の部分を考え開発されたエビリファイは、ドーパミンを遮断するのではなく、うまくドーパミンの分泌量をコントロールすることで副作用を抑え、穏やかに作用するという働きがあります。
この画期的な働きから「第3世代の非定型抗精神病薬」と呼ばれています。
エビリファイ(Asprito)は新薬の特許期間が満了したことにより、同一の効果のある医薬品として販売されており、効果も同等の効果が得られ開発費用を抑えることができるので、新薬と比べ安価な後発医薬品です。

【エビリファイ(Asprito)を服用したときの注意点】
眠気や注意力、集中力の低下、反射能力の低下などの症状が現れる場合がありますので、車の運転や高所作業などは控えるようにします。
アルコールなどとの併用は禁止されているため、摂取する際は十分注意するようにして下さい。

エビリファイ【Asprito】の飲み方・使い方

通常の場合、食後に1日6~12mgから服用を開始します。
1日の最大投与量は30mgとされています。
※服用方法や使用法に関しては症状により異なるため、海外薬店ではエビリファイ(Asprito)服用による一切の責任は負いかねます。
服用を開始される際は、必ず医師や専門医の指示に従って下さい。

エビリファイ【Asprito】の副作用

エビリファイ(Asprito)使用による副作用は、
不眠、不安症状、アカシジア、神経過敏、眠気、頭痛、消化不良などの恐れがあります。

その他なにか異常を感じたら、必ず医師にご相談下さい。

エビリファイ【Asprito】の併用禁忌薬・使用上の注意

エビリファイ(Asprito)と「抗うつ剤」「安定剤」などと併用することは控えて下さい。
なにか他の薬と服用する場合は必ず医師にご相談下さい。

エビリファイ【Asprito】のクチコミ【クチコミを投稿する】

  • 評価:★★★★★

    15mgでは容量が多い為、ピルカッターで割って服用しています。小さいので割りにくいですが4分の1位がちょうどよいです。

エビリファイ【Asprito】のクチコミを投稿する

商品名 評価
クチコミ投稿内容