エスシタロプラム

目次

成分名 適応症状 簡易説明 受診科目 健康保険の適応 費用目安 厚生労働省による認可 国内のジェネリック認可 関連製品(新薬) 関連製品(ジェネリック) 効果・作用 使用方法 副作用 使用注意・使えない方 併用禁忌薬よくある質問

成分名

エスシタロプラム

適応症状

うつ病・うつ状態、社会不安障害

簡易説明

エスシタロプラム(エスシタロプラムシュウ酸塩)は、選択的セロトニン再取り込み阻害薬 (SSRI) と呼ばれる抗うつ薬の一種です。
脳内の神経伝達の改善を行い、憂鬱な感情を緩和し、意欲改善する効果があります。

処方可能な診療科目

一般内科、精神科、脳神経外科など

健康保険の適応

健康保険適応

病院で処方してもらう時の費用目安

薬代1錠あたりの目安:10㎎約202.3円(薬価)
※病院によって差が有り。薬代の他に、初診料・診察料・検査料などが必要になる。

厚生労働省による認可、または発売年月日

薬価基準収載年月:2011年7月
販売開始年月:2011年8月

国内のジェネリック認可

関連製品(新薬)

レクサプロ【製薬メーカー:持田製薬】

関連製品(ジェネリック)

ジェネリックなし

効果・作用

脳内のセロトニン再取り込みを選択的に阻害することで、セロトニン濃度を上昇させます。
神経伝達を円滑にして憂うつな気分を和らげ、不安などの症状を改善します。
既存のSSRIの中で最も選択的なセロトニン再取り込み阻害作用を有しており、ノルアドレナリンの1,190倍、ドパミンの19,000倍のセロトニン再取り込み阻害作用が確認されています。

使用方法

通常、成人にはエスシタロプラムとして、1回10mgを1日1回夕食後に経口服用します。
年齢、症状によって適宜増減しますが、増量は1週間以上の間隔をあけて実施し、1日の最高用量は20mgを超えないようにします。

副作用

【主な副作用】
熱感/浮腫/倦怠感/頭痛/傾眠/悪心/浮動性眩暈/口渇/異常感/無力症/発熱など

【重大な副作用】
QT延長/錯乱/痙攣/失神/焦燥/ミオクローヌス/低ナトリウム血症/不安/抗利尿ホルモン不適合分泌症候群/SIADH/集中力欠如/記憶障害/幻覚/セロトニン症候群/興奮/振戦/高熱/心室頻拍/トルサード・ド・ポワント

【上記以外の副作用】
ヘマトクリット減少/ヘモグロビン減少/悪寒/疲労/体重増加/体重減少/発疹/湿疹/蕁麻疹/そう痒/あくび/不眠症/体位性眩暈/感覚鈍麻/易刺激性/いらいら感/アカシジア/睡眠障害/異常夢/悪夢/激越/錯乱状態/躁病/リビドー減退/歯ぎしり/動悸/起立性低血圧/赤血球減少/白血球増加/血小板増加/血小板減少/鼻出血/AST上昇/ALT上昇/Al-P上昇/γ-GTP上昇/ビリルビン上昇/肝機能検査値異常/関節痛/筋肉痛/肩こり/こわばり/排尿困難/尿蛋白陽性/勃起不全/射精遅延/回転性眩暈/耳鳴/多汗症/副鼻腔炎/味覚異常/脱毛/コレステロール上昇/血中ナトリウム低下/乳汁漏出/胸部不快感/寝汗/羞明/霧視/過換気/尿糖陽性/過敏症/アナフィラキシー反応/血管浮腫/パニック発作/精神運動不穏/神経過敏/離人症/ジスキネジー/運動障害/無オルガズム症/頻脈/射精障害/頻尿/尿閉/不正出血/徐脈/出血傾向/斑状出血/消化管出血/肝炎/持続勃起症/月経過多/視覚異常/散瞳/落ち着きのなさ/錯感覚/ピリピリ感/腹部不快感/下痢/食欲減退/腹痛/嘔吐/便秘/腹部膨満/胃炎/食欲亢進/消化不良

使用に注意が必要な方
使用出来ない方

【使用に注意が必要な方】
・著明な徐脈等の不整脈又はその既往歴のある方、QT延長を起こすことが知られている薬剤を投与中の方、うっ血性心不全、低カリウム血症の方(本剤の投与によりQTが延長する可能性があります)
・肝機能障害のある方(本剤のクリアランスが低下し、血中濃度が上昇するおそれがあります)
・高度の腎機能障害のある方(本剤のクリアランスが低下し、血中濃度が上昇するおそれがあります)
・自殺念慮又は自殺企図の既往のある方、自殺念慮のある方(自殺念慮、自殺企図があらわれることがあります)
・躁うつ病方(躁転、自殺企図があらわれることがあります)
・脳の器質的障害又は統合失調症の素因のある方(精神症状が増悪することがあります)
・衝動性が高い併存障害を有する方(精神症状が増悪することがあります)
・てんかん等の痙攣性疾患又はこれらの既往歴のある方(痙攣発作を起こすことがあります)
・出血の危険性を高める薬剤を併用している方、出血傾向又は出血性素因のある方(出血傾向が増強するおそれがあります)
・高齢者
・小児
・妊婦または授乳婦

【使用が出来ない方】
・エスシタロプラムに対し過敏症の既往歴のある方
・モノアミン酸化酵素阻害剤を投与中あるいは投与中止後14日間以内の方
・ピモジドを投与中の方
・QT延長のある方

上記にあてはまる方は、エスシタロプラムを使用する事が出来ない可能性があります。
エスシタロプラムを使用する前に、医師又は薬剤師に使用しても問題ないか必ず確認をして下さい。

併用禁忌薬

【併用禁忌薬】
セレギリン塩酸塩/ラサギリンメシル酸塩/ピモジド

【併用注意薬】
セロトニン作用薬/トリプタン系薬剤/スマトリプタン/選択的セロトニン再取り込み阻害剤/セロトニン前駆物質(L-トリプトファン)含有製剤又は食品等/トラマドール塩酸塩/リネゾリド/炭酸リチウム/セイヨウオトギリソウ含有食品/メチルチオニニウム塩化物水和物(メチレンブルー)/三環系抗うつ剤/イミプラミン塩酸塩/クロミプラミン塩酸塩/ノルトリプチリン塩酸塩/フェノチアジン系抗精神病剤/リスペリドン/ブチロフェノン系抗精神病剤/ハロペリドール/抗不整脈剤/フレカイニド酢酸塩/プロパフェノン塩酸塩/β遮断剤/メトプロロール酒石酸塩/シメチジン/オメプラゾール/ランソプラゾール/チクロピジン塩酸塩/ワルファリン/出血傾向が増強する薬剤/非定型抗精神病剤/フェノチアジン系抗精神病剤/三環系抗うつ剤/アスピリン等の非ステロイド系抗炎症剤/ワルファリン/アルコール

上記の併用禁忌薬に入ってないからといって、医薬品と併用するのは危険です。
現在、薬を服用している場合は、併用可能かどうか必ず医師に相談してください。
エスシタロプラムに関するよくある質問
服用中、飲酒は可能ですか?

他の抗うつ剤で作用の増強が報告されているので、飲酒は避けたほうが望ましいです。

この薬を飲んだ際に、日常生活する上で注意しなければならないことはありますか?

副作用として眠気、目眩などが表れることがありますので、自動車の運転などの危険を伴う機械操作を行う時は、特に注意してください。

サイト利用に関する注意事項

医薬品を使用する場合、必ず医師や薬剤師の指示に従って下さい。
医薬品を使用し、体調不良が現れた場合、我慢せずに直ちに医師の診察を受け、指示に従って下さい。